美少女精霊たちに愛されたいと頑張ったら最強の精霊使いになっていた

作者 平成オワリ

精霊を『一種の生命体』と考えるか『一つの道具』として考えるか。

  • ★★★ Excellent!!!

『精霊は道具だ。』『精霊を愛する事はおかしい。』『魔力こそ全て。』
この世界の『常識』はそんな『アホらしい』考えで出来ている。これはその『常識』を真っ向から叩き潰し、自分自身が望む『世界』に書き換える『一つの世界線』である・・・・・・・
すみません。理屈っぽく書いてしまいました。ですが、これは『現代社会』にもある意味で、当てはまると個人的には思っています(『ヒト』である自分達が他の、有機物&無機物に関わらず『モノ』に対して愛着を抱くかどうかという点で)。
とりあえず結論。
『自分が愛するモノを貫き通せ。これはそういう物語だ。』
長文を書いてしまい、大変申し訳有りませんでした。
m(*_ _)m

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@TISkskrさんの他のおすすめレビュー 2