人々を陰ながら救ってきた英雄、もしもその正体がバレてしまったら?~よし、全力で誤魔化そう~

作者 楓原 こうた

4,789

1,733人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公は、一見すると(自称)クズで面倒くさがりで何かにつけて『そういうお店』に行きたがる(実際にそうやって行動を起こしている)のだが、実際には生命の危機に陥っている人に手を差し伸べる程にはお人好しである。
ある時、主人公のふとした凡ミスでその正体をバラしてしまい、彼の行動によって心を打たれた人々と命を救われた人々(と、打算やら思惑やら何やらを心の中に秘めている人も含む)が彼の元に大勢押し掛けて来てしまい、それに対して主人公がワタワタしてしまう物語である。
上から目線&長文失礼致しました。

★★★ Excellent!!!

誰かが、差し伸べたその手を力強く掴めるのはね本当の優しさなんだよ
どんな暴力よりも強いんだよ!
思想はそれぞれあってもね暴挙な所業を正義と捉えるなら
それが正義と悪人!!

こちらの物語は基本コメディですw
が、しかし!
一人のヒーローが持つ本当の優しさを心鷲掴みにされそうな物語

★★★ Excellent!!!

影図。秋図。掛けず。釣れる捕れる隠れている。未来を予測する動物達の季節。動いて? 行動き。探している。シャドーの意味知っているかい? 疲れるのか?問う海苔部外山。影に溶ける。
ユメ追い必要の強さを選ぶ。僕も少し大人になったのかな? メディアの闇。自由。緩急歩いていける距離泳げる距離。伸びる影が特筆される。