精霊少女に『カッコいい俺』だけ見せていたら、いつの間にか最強になっていた

作者 平成オワリ

4,188

1,517人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『精霊は道具だ。』『精霊を愛する事はおかしい。』『魔力こそ全て。』
この世界の『常識』はそんな『アホらしい』考えで出来ている。これはその『常識』を真っ向から叩き潰し、自分自身が望む『世界』に書き換える『一つの世界線』である・・・・・・・
すみません。理屈っぽく書いてしまいました。ですが、これは『現代社会』にもある意味で、当てはまると個人的には思っています(『ヒト』である自分達が他の、有機物&無機物に関わらず『モノ』に対して愛着を抱くかどうかという点で)。
とりあえず結論。
『自分が愛するモノを貫き通せ。これはそういう物語だ。』
長文を書いてしまい、大変申し訳有りませんでした。
m(*_ _)m

★★★ Excellent!!!

この作品、いつもの俺TUEEEEとは全くもって様子が違います
そもそも主人公が勘違い野郎とかではなくすごくスタイリッシュでかっこよく(?)、欲望に忠実でよく空回りします。空回りするのがいい方向に行くので見ていて面白いです。
ここまで引き込まれる主人公には初めて出会いました。ぜひ一度読んで最高の主人公とスタイリッシュを体感しましょう