傑作、その一言。読まないと損です。

自分とは関わりのない世界のはずなのに、その世界で息をして、現実のあまりの残酷さに叩きのめされ、主人公とともに苦しんでいるような、そんな没入感があります。本当は最後まで読んでから書こうと思ったのですが、もっとたくさんの人に読んでほしくてレビューを書いています。

素晴らしいの一言です。
ここまで没入感のある作品を、私は他にカクヨムで見たことがありません。
研ぎ澄まされた表現力、過不足ない描写。地獄に生きる「正常な神経を持った人たち」の、苦労。

苦しみの果てに救いはあるのか。
この先も見届けて行きたいと思います。

(第三章 地獄に咲く花の途中までで書いています)

その他のおすすめレビュー

春日あざみ@電子書籍発売中さんの他のおすすめレビュー187