圧倒的筆力の高さ! もう傍観者ではいられない

(5章「夜のパレード」まで読了しています)

圧倒的筆力の高さから紡がれるこの物語は、すべての描写が細やかでかつ臨場感があり、まるで映画を鑑賞しているかのような感覚に陥ります。

登場人物たちがそれぞれの信念に基づいて行動し、苦悩し、葛藤し、懸命に「生きて」いる姿は、もはや読み手に傍観者であること――高みの見物を許さないような切実な迫力があります。
ただ物語として面白いだけでなく、善悪とは何か?正義とは?など、通り一遍の価値観を強く揺さぶるように、深く考えさせられる内容です。

どれだけ言葉を尽くしても、本作の良さ・面白さを表しきれそうにありません……ので、ぜひ、一人でも多くの方に実際に読んでいただいて、『Ace in the hole. ―最後の切り札―』の魅力に触れていただきたいです!

その他のおすすめレビュー

紫月 冴星(しづき さら)さんの他のおすすめレビュー53