明星の騎士は今宵、王妃を抱く

作者 root-M

美しく綴られる、騎士と王妃の禁断の恋。そこから始まる怒涛の展開

  • ★★★ Excellent!!!

4万文字の密度じゃないです。とてつもない情報量や感情が流れ込んできて、物語終了後には読んだ人の数だけ感想や印象が生まれる名作だと思いました。
イケメン騎士と恋する姫君の逢瀬という、ありがちな『身分違いの恋愛モノ』だろうなと最初は思っていました正直。ですが実際はそれ以上の何かです。
文章力や構成がズバ抜けているため、最後まで退屈することなく、一気に駆け抜けて読み切ることができました。

見目麗しく品行方正に見えて、実はお飾りの立場であることに不満を持つ『明星の騎士』カラフ。そうした精神的な弱さや、あるいは王の妻を自分のものにしている時は優越感に浸るなど、単なる『白馬の騎士様』ではないリアルな人間味に溢れているのは好印象でした。
エレインの方は、作中で弱さと強さ・成長が描かれ、揺れ動く繊細な心の機微が丁寧に描写され、上質な恋物語だったと思います。
二人の関係や感情にだけフォーカスを当て、余計な情報や人物を差し込まず、実に美しくも儚い『不義の愛』が繰り広げられます。

……だというのに、終盤はもうドロッドロもドロドロな人間模様。
王宮の恐ろしさや謀略が描かれ、『姫と騎士の胸キュンな一夜の恋』で終わなかったのは、圧巻の一言です。
愛憎劇や運命の無常さ、それでいて選択次第では前向きな未来を掴み取ることもできるのだという、人間の『美醜』を描ききったのは素晴らしいとしか言えません。しかも4万文字以内で。
面白かった、お見事、ブラボー、それ以上の言葉で称賛したい作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

及川シノンさんの他のおすすめレビュー 236