『秀吉豊臣のすべらない話』すべると打ち首獄門やて。

作者 かなたろー

不思議な間合いの「読む戦国炒飯TV」

  • ★★★ Excellent!!!

最後まで読んで「本当は怖い話だった」とガタガタしましたが、物語の大半を占める「すべらない話」パートではテンポが独特で、読んでいて不思議な気分になります。
ギャグ小説の肝はテンポ・間合いだと思いますが、主人公であるソロリちゃんがまずそれを崩していて、それがいい具合に場を和らげ、笑いを呼び起こします。
そして、戦国知識があれば「こ、ここまで調べてあることを湯水の如く贅沢にざばざば、背景程度に書き流してる……」とビビりチラします。

めっちゃ怖い。かなたろーさん、ほんま怖い。
幕間が本当にガタガタする……。

登場人物もテレビでよく見る人物に当てはめて描写されているので、文を読んでいるだけでもうばっちり音声付きの映像で脳内で再生されていきます。

一話読み終えたらまた一話、と思わず読んでしまう不思議な魅力が詰まったお話でした。
この不思議さ、是非体験してみてください。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

加藤伊織さんの他のおすすめレビュー 17