『秀吉豊臣のすべらない話』すべると打ち首獄門やて。

作者 かなたろー

可愛らしいゆるさに隠されているけど……こいつは凄い

  • ★★★ Excellent!!!

一見、ゆるゆるのふわふわに見えます。
主人公のソロリちゃんはゆるーい関西弁の天然さん。
同じ言葉を繰り返すのが、大変可愛く思えます。
彼女の語り口で有名な歴史上のあの人たちが、お笑い芸人さんに見えてしまいます。

ただし、その描写は様々な下地となる深い知識が支えています。
歴史そのものだったり、人物たちの生い立ちであったり、現代のお笑いだったり、アイドルだったり。

重苦しい話なはずなのに、かるーくふんわり楽しく見せるテクニックには脱帽です。

こいつは読んだ方がいい!
そう断言できるお話です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

日諸 畔(ひもろ ほとり)さんの他のおすすめレビュー 47