異形『怪』道中

作者 森林公園

64

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

元軍医の忠治と、その元部下の島根、そして書生として忠治の家で暮らす千太郎。
島根の持ち込む「人ならざるモノ」が関わっていそうな奇妙な事件を巡る、昭和初期の混沌とどこか郷愁を感じさせる妖しくも美しい怪異譚。

重厚な描写はもとより、飄々とした、それでもどこか闇を感じさせる忠治さん、彼に執着する俳優のように美しい島根と、忠治さんを慕うが故に島根を邪険に扱う千太郎の三人のやりとりは軽妙で思わずニヤリとしてしまいます。

そして、各話しっかりと練りこまれた怪異譚は、ただの怪談では終わらず、人の闇と情念が深く関わる事件の謎が解ける時、儚い自然や海などの風景を織り込んでその悲しみなどの心の機微を表現する鮮やかな描写にうっとりとしてしまいます。

少しずつ明かされる登場人物たちの過去や秘密が気になり目が離せません。
幾重にも絡まる人と闇の怪しい物語。

おすすめです!

★★★ Excellent!!!

主人公はおっさんで、
おっさんの主観で
おっさんが見て
おっさんが考えたことが、
物語として切り取られています。

読者は、
おっさんの見た世界を
読むことになるのですが、

その世界は、
素晴らしく、はかなげで、
素晴らしく、美しい世界です。

そして、無茶苦茶面白いです。

★★★ Excellent!!!

セルフレイティングには記載がなかったが、性的(またはそれに準じる)描写があった。問題というほどではないかもしれないが、そこのところは読者に配慮しても損はないと思う。
こういう募集には珍しいジャンルなのでそれだけでもまず好感をもった。その中でもジャンルにたいしてストレートな作風であると、物語を語ることに対しての心得がある作者であると確信できる。本作もそれは間違いではなかった。
不毛な言い方かもしれないが、自分が選考委員だったらまずタイトルから「ちゃんと面白くつくってそうだな」と感じる。 
中身のクオリティーを予感させたり、「良い話を読むぞ」という気分の準備をサポートしている効果があるので良いと思う。
キャッチコピーは、書かれている意味としては面白く紹介文にあったら効果的と思ったが、ひと目見てイメージを伝えられるものではないと思った。ほんの少しだけ情報を取捨選択すれば感じ取りやすくなると思う。
紹介文に関しては、更新にまつわる情報が最初にのっているのがもったいなかった。ああいうのは既に作品に興味を持った人向けの情報なので、最後に載るのが適切だと思う。変更点などを既存の読者に伝えることを優先するならいいかもしれないが、その場合は新規に対しての捨ての選択をすることになる。
紹介文の時代設定ゆえの事情などは、それ自体が作品の宣伝効果になっているふしがあるので問題ないと思う。
本文についてだが、今までのレビューではどこか(ほとんどの作品は)習作をどう娯楽作に持ち上げられるかという観点だったが、本作についてはもっとまとまったレベルの話をすることができる。
作者が作品を上手くコントロールできている。アイディアの使い方、日常のしぐさをただ使うのではなく目的に応じた効果的な反映など。

読んで思ったのは、本文では伝えるということに関してもう少し肩の力を抜いてもいいと思った。
「ここはこういう… 続きを読む