『親友へ』

作者 印田文明

まるで、自分が加担してしまったような、後味の悪さ

  • ★★★ Excellent!!!

主人公のコンプレックス、劣等感。
どれも、覚えがある感情だからこそ。

最後の一文に、胸が掴まれました。

誰も救われない、ぞっとする、けれど悲しい話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

蜂蜜の里さんの他のおすすめレビュー 50