地方公務員になってみたら、配属されたのは流刑地と呼ばれる音楽ホールでした。【完結】

作者 雪うさこ

みんな大好き「音楽ホール」!響け、男たちの熱い友情のシンフォニー!

  • ★★★ Excellent!!!

新米公務員・蒼が配属されたのはある市運営の音楽ホール。
ちょっと変わった(本庁からちょっと離れた)愉快な職場で、蒼の初々しい公務員ライフが始まります!

まず、「そうか、これって公務員のお仕事…!」というところから、もう目ウロコでした。
私もかつて趣味で音楽をかじってまして、こういった音楽ホールにはあちこちでお世話になったんですが、このお話を読むまで考えたこともなかったです。
こういった職員さんたちの尽力があるからこそ、みんな充実した音楽ライフを送ることができるんですね。

お仕事内容はどれも興味深いものばかり。
職場の先輩は個性あふれる愉快なおじさん・お兄さんたち。
音楽はわからないけど何ごとも一生懸命な蒼は、あれこれ大変な目にも遭いますが、仲の良いヴァイオリニストのお友だちもできちゃうんです。

音楽があふれるお仕事風景に、キャラクターそれぞれの事情や情熱などが絡み合い、読み応えある「男たちの群像劇」となっています。
たくさんの笑顔と涙と友情が響き渡るこの音楽ホールに、ぜひ一度足をお運びください。
さあ、開演のお時間です!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

片や配属先として全く興味の無い音楽ホールを宛がわれてしまった新米地方公務員。片や人生の全てを音楽に捧げてきたにもかかわらず、未だに鳴かず飛ばずのヴァイオリニスト。

生き方からして完璧に異なる2人の… 続きを読む

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 643