地方公務員になってみたら、配属されたのは流刑地と呼ばれる音楽ホールでした。【完結】

作者 雪うさこ

音楽ホール、演奏家、芸術を支える人々が織りなすお仕事BLの王道です!

  • ★★★ Excellent!!!


市役所の本庁勤務に憧れていたフレッシュ公務員熊谷蒼君の配属先は、題名通り、蒼の思い描いていた行政職とかけ離れた、流刑地と言われる音楽ホール星音堂。
曲者だけど魅力的な職員達と、慣れない仕事を頑張っていた蒼は、ヴァイオリニスト関口蛍と出会い、最悪な第一印象を抱きます。

二人は最初は反発しあいますが、それぞれの抱えているもの、心根を知るうちに、誤解も解けて・・・その後の展開は是非読んで頂きたいです!

公務員の方々は、こうゆう仕事もやってくださってるんだなと知ることができて興味深いですし
音楽をやってきた雪うさこ様だからこその表現、描写。演奏家にとって上手いなんて当たり前で、その先を目指す者の孤独と苦悩。
実際に関口君や登場する音楽家の方々が演奏している曲を聴くと、さらにこの作品の奥深さにハマっていきます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

片や配属先として全く興味の無い音楽ホールを宛がわれてしまった新米地方公務員。片や人生の全てを音楽に捧げてきたにもかかわらず、未だに鳴かず飛ばずのヴァイオリニスト。

生き方からして完璧に異なる2人の… 続きを読む

安藤唯さんの他のおすすめレビュー 22