わくのなか。

作者 岡本紗矢子

短篇に凝縮された不安と恐怖の玉手箱

  • ★★★ Excellent!!!

短篇の中にいくつも仕掛けを詰め込んで、しかも説明過多にもならず、リーダビリティ高くまとまっていました。どきどきしながら一気に読みました。

ふとしたことで足を踏み入れてしまう異空間。じわじわとせまってくる怖さの演出も効果的でぞくぞくしました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一田和樹さんの他のおすすめレビュー 309