第5話 ウラガワ・美雪

 初詣で兄とデートをしてから数日、私は武雄君に呼び出されることとなった。


「何? 改まって」


「俺、美雪さんが好きです! 付き合って下さい!」


 正直、趣味が一緒なだけのただの友人と思っていた。それに私には兄という恋人だっている……。


「ごめんなさい、私には好きな人がいますので気持ちは嬉しいですが──」


「好きな人ってこの人?」


 それは私と兄さんがキスをしている画像だった。言い逃れは出来ない、どうすれば……。


「美雪さんのお兄さんって、うちに来てるあの人だよね? これを会社に持って行ったら、どうなるだろうか……」


 私の中で失望と哀しみが渦巻き、そして逃げられないと悟ってしまった。


 彼にラブホテルに連れて行かれ、当然のように行為を強要される。脱がされ、乳房を揉まれ、下着に手を入れられる。

 ただ、彼のやり方から察するに……武雄君は未だ未経験であることが窺えた。この絶対的な経験の差が私にとっては不幸中の幸いとも言えた。


 そうやって毎週水曜日に呼び出され、開口1番脅しの言葉を告げられ、そして乱暴な行為を始める。


 生理現象で触れられたら濡れもするし、多少は気持ちよくもなる。しかし、兄との行為に比べたら段違い過ぎて余裕で我慢できるレベルだった。


 そしてそれが3ヶ月ほど続いた時、いつも通り呼び出されて家に行くと、彼はいつもより出てくるのが遅かった。肩を押さえ、フラフラと玄関から歩いてくる。


 最初に行為をしてからある程度の虐待は見抜いていたが、今日のは殊更ことさら酷かったようだ。

 彼はそれが恥ずかしいのか、私の腕を強引に引いてラブホテルに向かった。


 いつも通り、脅しから始まって行為をする。


 その筈だったが、今日は最後が違った。行為後、下着を履き直していると、彼はいきなり号泣し始めたのだ。


「なんで俺はこんなんだよ! 親に殴られるし、好きな子を脅さないとやれもしない! 世界が嫌だ! 何もかも嫌だ! 何より、親と同じ暴力をする自分が嫌だぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


 ベッドを殴り付ける彼はどこかで見たことがある……それはかつての兄の姿と酷似していた。

 だが、彼と私達は決定的に違うものがあった。


 ──彼には隣で手を握る存在がいなかったことだ。


 恐らく、私達よりも辛いのかもしれない……。


 気付いたら肩を抱いて慰めていた。そして顔を上げた彼はそっと私の口を塞いだ。


「ちょ、……んっ!……ちゅ……」


 涙のしょっぱさが口に広がる……抵抗しようと思ったが、彼の涙を目にすると動けなかった。


 そして気付いた──彼は初めて私にキスをしたのだと。


 ☆☆☆


 その日からの呼び出しはかなり違った。


 最初は脅しの言葉を告げるけど、行為自体は相手を思いやる優しいものへと変わっていった。性欲以外に愛というスパイスを加えられた私は、少しずつ身体が感じ始めてしまった。


 人間は学習する生き物だ。回数を重ねるうちに上手くなり、私の弱点を少しずつ見付けられ、耳元で愛を囁かれればトリップ状態に陥りそうになる。


 駆け引きも覚えられてしまい、油断しときに攻められると思わず甘い吐息や本気の喘ぎ声が漏れてしまう。まだまだ余力はあるものの、あと1年くらい続けられたら気持ちが揺らいでしまうかもしれない。


 女性と言うのは、身体に精神が引き摺られてしまうもの……だから私は必死に兄の上手さを思い浮かべることで抵抗した。


 そして家に帰れば背徳感と罪悪感に押し潰されそうになって兄との行為を避けてしまう。恋人に、汚れた自身に触れて欲しくないから──。

 だけど、あまり避け続けることは出来ないのでたまに兄とも行為をするけれど、やはり兄妹なのか……私の身体の違和感に気付いてるような様子だった。


 そんな日々を送るなか、武雄君が唐突にスマホを見せてきた。


「画像、消したよ」


「え? いいの!?」


「君に乱暴していた俺は結局あの親と変わらない……俺はそんなの嫌だからさ」


「……ありがとう」


「何感謝してるのさ。君は被害者でしょ……」


「あ、ははは……そうだったね」


こんな会話も久し振りな気がする。脅される前はいつもこんな風に楽しい会話が多かった。まるで昔に戻ったようだった。


「虫のいい話しなんだけどさ、友達からまた始めたいんだ」


「友達……私のことは諦めてくれたの?」


「ううん、正攻法で振り向いてもらえるように頑張るよ、だけどまずは友達から……ダメかな?」


「私の嫌がることをしないなら──仲直りしよ?」


「ありがとう美雪さん、そして本当にすみませんでした」


 こうして私は武雄君と仲直りすることができた。彼と話し合いをした結果、彼は兄さんに全てを話して謝りたいと言ってきた。

 私はそれを承諾し、兄さんと私と武雄君で話し合う場を作ろうと考えた。


 その矢先、彼の両親が武雄君を殴り殺してしまった。


 スマホの画像を消してくれた今の武雄君なら、平和的な解決ができるはず……そう思っていたのに。


 兄さんが私の肩を抱いてくる、久し振りの匂いに安心した私だったが、兄の僅かな変化に気付き、全てのピースがカチリとはまった。


 私よりも暴行を受けていた当事者の兄はあの手の親の心情を熟知しているはず……もし私との関係に気付いていたのなら、兄はあの親を煽ったとしか思えない。


 ☆☆☆


 私は兄さんが怖くなって1年ほど距離を置く日々を送った。兄さんは優しい顔で私に尽くし始めた。

 でも、兄さんは寝てるときいつもうなされている。武雄君が死んでからだ……。


 時間を置けば色々見えてくる、私が最初に相談していればこうはならなかった。禁断の関係を歩むには覚悟が必要だったのに、兄にばかり背負わせている。


 ──兄を愛してるのは変わりようがない、だから前を向いて生きなくちゃ!


 持ち直した私は兄に指輪をおねだりした。戒めであり、愛の形であり、男避けでもある。もう二度と間違えないための愛の誓いだ。


 最後に武雄君の墓に行ったあと、私はもうブレない、これからは兄に尽くして共に困難に立ち向かおう、そうやって覚悟を心に刻み込んだ。


 そして今日も私は兄に告げる。


 ──「兄さん、愛してます。いってきます」


 fin

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

禁断の果て ~寝取られた実妹~ 短編全5話 サクヤ @sakuya_a

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ