禁断の果て ~寝取られた実妹~ 短編全5話

作者 サクヤ

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

サクヤさんの短編と聞いて、早速、読ませていただきました。

サクヤさんと言えば、そう、妹!
今回も、妹と兄の禁断を描いた物語となっておりました。

特有の人間臭さや、色んな考えを沸き起こされる運び、自分はどちら側かな?とか、同情、怒り、悲しみ、
色んな感情が僅か5話の中に凝縮されているのが推しポイント。
サクヤさんの作品は人物のバックグラウンドがしっかりしていて、いつも感心してます。書き手としても見習いたいところです。

短編ですので、数分で読み終えます。
是非、サクヤさんの世界に踏み込んでみてはいかがでしょう^ ^

ネタバレ回避のため、このようなレビューになりましたが、おすすめです(・∀・)



★★★ Excellent!!!

内容はかなりハードになっておりますが、しかし、だからこそ物語に引き込まれると言いますか。

繊細な心情が丁寧に描かれていて、現実にある虐待を受けた者がどういう思いを抱いているのか、とても分かりやすく描かれています。

5話の短編に詰め込まれた、人間の弱さも加味した構成は、読む者にその光景を想像させられます。

間違いなく、最高の作品と言えますね。

推せる!!