【完結】『ファム・ファタール–宿命の女–』〜ドラゴンの巫女にして、運命の相手がエルフの血を引く男だった、普通の少女の奇跡〜

作者 雨 杜和orアメたぬき

運命の日に生まれた赤髪の巫女。彼女の冒険と恋愛と成長の異世界譚

  • ★★★ Excellent!!!

現代生まれ、現代育ちの少女・サラが突然、異世界へ転移。
二酸化炭素を吸って酸素を吐く、生まれ育った環境とは明らかに異なる国です。
巡り合わせから逃げず、自分らしく心強く生きる路を見出す少女。
その姿が少しずつ「炎の巫女」の運命に導かれるさまが描かれています。

地の文章が非常に整って読みやすく、サラを取り巻く人々や文化的背景も、すんなり頭に入ってきます。
派手な戦闘シーンに手に汗握ると言うよりは、人間同士の心の行き交い、台詞の遣り取りに惹かれました。
とくに主人公・サラと、彼女の幼馴染みであり天敵とも言えるマセコのコミュニケーションは必見!
異世界でサラが初めて出会った謎の美青年・レヴァルも魅力的。
彼が発した「俺が守るから」という声は、意味を果たされるのか否か。

異世界というジャンルに馴染みの薄い読者にも入りやすい物語であり、読み続けるほどに嵌まる物語です。
ぜひ、どうぞ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ダークファンタジーとは何なのか。
そういうものを一切知らなくても、書き手が緻密に作りこんだ世界へハマりこんでいける。
読み手は、何も考えずに、ただ作者の手の上にのっているだけでいいんです。
それだけ… 続きを読む

宵澤ひいなさんの他のおすすめレビュー 299