「十五夜の子供たち」

作者 夷也荊

故郷の祭事が思い浮かぶ

  • ★★★ Excellent!!!

ある地区に伝わる行事の日が舞台となっており、行事の詳細やようすなどがわかりやすく描かれています。

読み進めていくと、幼いころ祭事に参加していた自分を思いだしてなつかしさを感じるすてきな話です。

ホラー的なところもありますが、ラストには幻想的な光景が待っています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

月が満ちる時、いつもの通学路に星天の奇跡が浮かびます。
或る地区にだけ伝わる「中秋の豆名月」
そのイベントは他の地区に知られないよう、大人も子供も協力して、ひっそりと執り行われます。
和風ハロウィン… 続きを読む

神無月そぞろさんの他のおすすめレビュー 819