武蔵野の思いで。変わりゆく想いは、きっとまたもとに戻ていく

作者 さかき原枝都は

いつかの思い出が今を支える

  • ★★★ Excellent!!!

生きにくい世の中に、心が窮屈になる人が増えている。
つらくてどうしようもなくて、諦めてしまうこともある。
切り捨てるのは、簡単だ。
けれど向き合って初めて見えるものがある。
記憶の奥に眠っていた思い出は、踏み出す一歩をくれた。
大丈夫。
辛いのはわかっている。
それでもこの記憶を抱え、前に進むんだ。

緑豊かな情景と共に、前向きな気持ちにさせてくれる物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

花岡 柊さんの他のおすすめレビュー 369