【ショートショート】見上げると鈍い藍色の幕が一面に貼り付いていて、所々に扇げば飛ぶくらいの雲が漂っていた

作者 佐藤佑樹

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全1話

更新

  1. 車の群れ > 建屋からは窓の明かり > されど動くものは何も無い。
  2. 見回すも人影はない - 薬指の無機的な感触 - 煙突と脂の臭い
  3. いつも一緒にいたはずなのに