イマジナリー武蔵野

作者 江戸川台ルーペ

ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ

  • ★★★ Excellent!!!

「角川武蔵野文学賞」という牧歌的なフィールドに、あえて邪道オブ邪道で乗り込むその姿勢。そこまでして“書くのだ”という使命感にも似た強いエネルギーを感じる。
でもちゃんと読ませちゃうところが職人芸というか「こういう戦い方もできちゃうんですよ」という妙味を見せるあたりがすごい。

面白ければそれでいいじゃない。

自分のテリトリー外のところに出張っていくスタイル。
嫌いじゃないぜ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

高野ザンクさんの他のおすすめレビュー 16