ジュールの森

作者 柊圭介

残酷で、美しい。一人でも多くの方に読んでほしい、素晴らしい物語。

  • ★★★ Excellent!!!

この物語を拝読するのは、二度目です。
読むほどに味わいの深まる作品は、思ったほど多くありません。それは、物語そのものに厚みや重みがあり、登場人物たちが真剣に「生」に向き合う姿を細やかに描き出した作品だけが持っている特徴だという気がします。
本作は、回を重ねるごとに味わいが一層濃くなる物語だと、改めて感じます。

19世紀末のフランスで、次々に訪れる過酷な運命を必死に生きた少年、ジュール。15歳で親を失い、引き取られた先の主人に力ずくで性を搾取され——持って生まれた容姿のあまりの美しさが、その残酷な運命を引き寄せた一つの原因でした。
弱いものに目を付け、執拗に追い詰め、自分の欲求を強引に押し付ける人間たち。その卑劣さ、残酷さに、決して改まることのない「人間」という生き物の愚かさをまざまざと見せつけられる思いがします。

与えられた運命の中で、それでも彼は何にも代えがたい出会いを手にします。彼を深く愛する恋人、そして、まるで父のように深く彼を愛する存在。彼らとの出会いで、愛し愛される喜びを知っていくジュール。深い愛情を交わすことで、今にも枯れそうな花が生き返るように輝き出す彼の姿は、読み手の心を強く揺さぶります。
人間の心にとって、「愛情」を注がれることがどれほど大切か。押し付けがましい説教などではなく、苦しみの中を必死に生きようとするジュールの姿が、まさにそのことをありありと訴えかけてきます。

この作品は、軽くて口当たりの良い物語ではありません。しかし、軽い口当たりの良さだけで埋め尽くされた物語を読み終えた先に、本当の感動はあるのかどうか。深い影があるからこそ、差し込む光が一層眩しく心に染みるのではないか。そんなことを、ふと思います。

ジュールの味わった残酷な苦しみと、その苦しみを乗り越えた先に手にしたもの。目を逸らさずに、一人でも多くの方にその明暗を深く味わって欲しい。心からそう思わせてくれる、素晴らしい作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「BL」と現代風に呼ぶのではなく、敢えて「少年愛」と称したい、繊細に綴られた哀しくも美しい物語です。

「不幸な境遇の美少年」と「貴族の妾腹の青年」という組み合わせだけでごはん何杯でもいけるという人… 続きを読む

aoiaoiさんの他のおすすめレビュー 687