転生で得たスキルがFランクだったが、前世で助けた動物たちが神獣になって恩返しにきてくれた

作者 虹元喜多朗

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全78話

更新

  1. 第一章
  2. プロローグ
  3. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――1
  4. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――2
  5. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――3
  6. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――4
  7. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――5
  8. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――6
  9. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――1
  10. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――2
  11. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――3
  12. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――4
  13. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――5
  14. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――6
  15. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――1
  16. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――2
  17. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――3
  18. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――4
  19. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――5
  20. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――6
  21. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――7
  22. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――8
  23. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――1
  24. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――2
  25. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――3
  26. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――4
  27. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――5
  28. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――6
  29. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――7
  30. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――8
  31. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――9
  32. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――1
  33. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――2
  34. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――3
  35. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――4
  36. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――5
  37. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――6
  38. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――7
  39. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――8
  40. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――9
  41. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――10
  42. エピローグ
  43. 第二章
  44. プロローグ
  45. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――1
  46. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――2
  47. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――3
  48. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――4
  49. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――5
  50. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――6
  51. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――7
  52. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――8
  53. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――9
  54. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――1
  55. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――2
  56. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――3
  57. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――4
  58. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――5
  59. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――6
  60. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――7
  61. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――8
  62. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――1
  63. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――2
  64. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――3
  65. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――4
  66. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――5
  67. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――6
  68. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――7
  69. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――8
  70. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――1
  71. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――2
  72. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――3
  73. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――4
  74. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――5
  75. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――6
  76. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――7
  77. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――8
  78. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――9
  79. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――10
  80. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――1