転生で得たスキルがFランクだったが、前世で助けた動物たちが神獣になって恩返しにきてくれた~もふもふハーレムで成り上がり~

作者 虹元喜多朗

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全235話

更新

  1. 第一章
  2. プロローグ
  3. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――1
  4. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――2
  5. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――3
  6. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――4
  7. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――5
  8. 前世も現世も挫折人生だが、慕ってくれるひとがいたらしい。――6
  9. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――1
  10. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――2
  11. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――3
  12. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――4
  13. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――5
  14. 俺はFランク冒険者だが、ツレはSランクどころじゃない。――6
  15. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――1
  16. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――2
  17. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――3
  18. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――4
  19. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――5
  20. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――6
  21. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――7
  22. 神獣は一体でも凄まじいが、三体になるとわけがわからない。――8
  23. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――1
  24. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――2
  25. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――3
  26. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――4
  27. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――5
  28. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――6
  29. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――7
  30. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――8
  31. 妖精女王は人族を信じないが、俺だけは別らしい。――9
  32. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――1
  33. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――2
  34. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――3
  35. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――4
  36. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――5
  37. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――6
  38. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――7
  39. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――8
  40. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――9
  41. 俺は大したやつじゃないが、それでも誰かを助けたい。――10
  42. エピローグ
  43. 第二章
  44. プロローグ
  45. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――1
  46. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――2
  47. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――3
  48. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――4
  49. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――5
  50. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――6
  51. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――7
  52. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――8
  53. 俺は王国騎士になれなかったが、協力要請がきたらしい。――9
  54. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――1
  55. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――2
  56. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――3
  57. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――4
  58. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――5
  59. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――6
  60. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――7
  61. 四体目の神獣と再会したが、彼女には事情があるらしい。――8
  62. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――1
  63. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――2
  64. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――3
  65. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――4
  66. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――5
  67. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――6
  68. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――7
  69. クエストは順調だが、どこか引っ掛かって仕方ない。――8
  70. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――1
  71. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――2
  72. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――3
  73. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――4
  74. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――5
  75. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――6
  76. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――7
  77. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――8
  78. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――9
  79. 彼女には裏があったが、それでも俺は見捨てない。――10
  80. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――1
  81. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――2
  82. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――3
  83. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――4
  84. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――5
  85. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――6
  86. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――7
  87. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――8
  88. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――9
  89. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――10
  90. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――11
  91. 事情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――12
  92. 情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――13
  93. 情も立場もいろいろあるが、彼女を救えないなら意味がない。――14
  94. エピローグ
  95. 第三章
  96. プロローグ
  97. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――1
  98. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――2
  99. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――3
  100. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――4
  101. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――5
  102. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――6
  103. 救世主だとは信じられないが、仲間のためなら応えたい。――7
  104. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――1
  105. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――2
  106. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――3
  107. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――4
  108. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――5
  109. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――6
  110. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――7
  111. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――8
  112. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――9
  113. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――10
  114. 完全なるアウェイだが、正々堂々戦いたい。――11
  115. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――1
  116. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――2
  117. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――3
  118. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――4
  119. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――5
  120. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――6
  121. 意地の悪い輩だらけだが、勇者は結構いいひとらしい。――7
  122. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――1
  123. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――2
  124. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――3
  125. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――4
  126. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――5
  127. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――6
  128. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――7
  129. 課題のために森に入ったが、ハプニングしか起こらない。――8
  130. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――1
  131. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――2
  132. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――3
  133. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――4
  134. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――5
  135. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――6
  136. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――7
  137. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――8
  138. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――9
  139. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――10
  140. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――11
  141. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――12
  142. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――13
  143. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――14
  144. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――15
  145. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――16
  146. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――17
  147. 何度となく絶望に叩き落とされたが、何度でも立ち上がりたい。――18
  148. エピローグ
  149. 第四章
  150. プロローグ
  151. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――1
  152. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――2
  153. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――3
  154. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――4
  155. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――5
  156. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――6
  157. 最強の冒険者に会ったが、俺は彼女の師匠らしい。――7
  158. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――1
  159. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――2
  160. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――3
  161. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――4
  162. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――5
  163. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――6
  164. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――7
  165. 再会した妖精女王の前だが、みんなのスキンシップが相変わらず激しい。――8
  166. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――1
  167. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――2
  168. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――3
  169. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――4
  170. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――5
  171. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――6
  172. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――7
  173. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――8
  174. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――9
  175. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――10
  176. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――11
  177. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――12
  178. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――13
  179. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――14
  180. マジメな調査のはずだが、みんなのスキンシップがやっぱり激しい。――15
  181. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――1
  182. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――2
  183. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――3
  184. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――4
  185. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――5
  186. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――6
  187. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――7
  188. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――8
  189. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――9
  190. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――10
  191. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――11
  192. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――12
  193. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――13
  194. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――14
  195. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――15
  196. ずっと踊らされていたが、俺に屈するつもりはない。――16
  197. エピローグ
  198. 第五章
  199. プロローグ
  200. みんなの想いを知ったが、応えていいのかわからない。――1
  201. みんなの想いを知ったが、応えていいのかわからない。――2
  202. みんなの想いを知ったが、応えていいのかわからない。――3
  203. みんなの想いを知ったが、応えていいのかわからない。――4
  204. みんなの想いを知ったが、応えていいのかわからない。――5
  205. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――1
  206. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――2
  207. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――3
  208. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――4
  209. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――5
  210. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――6
  211. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――7
  212. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――8
  213. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――9
  214. エイリス王国に向かったが、厄介事に見舞われているらしい。――10
  215. 呪いを解こうと思ったが、一筋縄ではいかないらしい。――1
  216. 呪いを解こうと思ったが、一筋縄ではいかないらしい。――2
  217. 呪いを解こうと思ったが、一筋縄ではいかないらしい。――3
  218. 呪いを解こうと思ったが、一筋縄ではいかないらしい。――4
  219. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――1
  220. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――2
  221. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――3
  222. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――4
  223. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――5
  224. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――6
  225. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――7
  226. ピンチや失敗があったが、乗り越えればそれでいい。――8
  227. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――1
  228. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――2
  229. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――3
  230. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――4
  231. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――5
  232. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――6
  233. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――7
  234. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――8
  235. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――9
  236. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――10
  237. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――11
  238. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――12
  239. 遺跡の最奥にたどり着いたが、真実はいつでも残酷らしい。――13
  240. エピローグ