死体になれなかった少年少女たち

作者 koumoto

少年少女たちは「死」を前にして何を想うか

  • ★★★ Excellent!!!

少年少女に突きつけられた「死」(精神的な「死」を含む)。シチュエーションは異なれど、ここに出てくる少年少女たちは死にません。果たして、年端もいかない彼/彼女たちは、何を考えたのか。短編集ではありますが、重厚なテーマで深く考えさせられます。

一方で、不慮の事故、望んだ死、他殺、病死・・・・・・。形は様々なれど、あっけなく死んでしまう少年少女もいます。その対比が理不尽で残忍で、いま自分が生きているのは、まっとうなものなのかを、省みずにはいられません。生きている物の責務とは何ぞや、と。

負の感情が渦巻く暗いお話ですが、作者様の筆致がとにかく絶妙で、すぐに引き込まれます。内容に反して皮肉なほど美しい文章は、言葉にならない余韻を、読者に植え付けることでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

銀鏡 怜尚さんの他のおすすめレビュー 256