薄明の鬼 ~人と魔物と龍の世界で~

作者 蟹野 康太

110

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公のセスくんが村で"力"を得てからの苦悩や姫様の孤独が繊細に描写されており、戦闘においても、実に疾走感のある手に汗握る展開に目が離せません。
 
 日常の様子が目に浮かぶような、まるで自分がそこにいるかのような錯覚に陥る、丁寧な描き方に思わずのめり込んでしまいます。

今後とも読み進めたい作品です!

★★★ Excellent!!!

真面目で一生懸命な、幼なじみの少女。
そそっかしくも敬愛する、親代わりの師。
変わらぬ平穏の中、ある日出会った謎の少女。
少しずつ影を落とす日々に、胸騒ぎと期待が高まります。

そして、ひとたび“その時”が語られれば、息を呑むほどの緊張。
揺さぶるように激しく動き出す物語へと、一気に引き込まれることでしょう。
力を操りながらの戦闘シーン、多彩な表現で以て語られるその様は必見です。


心優しき少年セスが、灼熱のままに獰猛な決意を抱く瞬間――あなたは“薄明の鬼”の世界に魅せられる!

★★ Very Good!!

他の方も仰っているように前半で読みやめてしまうのは本当にもったいないですね。いわぬるスロースタートというやつですね。異世界ファンタジーなど、普段あまり読まないので、読むのに時間がかかってしまいましたが、物語に入りだすと、とても深くまで入ることができます。是非ファンタジー好きな方にはおすすめです。また、あまり読まない人でも私もとても面白く読めているので、オススメします。是非一読を。
仕事や、用事、執筆などが忙しくて、遅くなってしまい申し訳ありません。今後も応援していますので、是非頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

魔物に襲われ、人を守るために人外の強さを手にしてしまった少年。
だけど、その行為は……

この物語で心打たれるのは、主人公セスの思いやりの強さです。
守った人々にも、彼を鬼にしてしまった鬼姫にも、彼の心の芯にある優しさが強く響きます。

ちょっとツンデレ気味な鬼姫フィルミナがとても可愛く、これからの二人の長き生をゆっくりと見届けたい作品です。

★★★ Excellent!!!

魔物に自分の村を襲われた少年・セス。
大切な仲間を守らなければ。その時、彼に与えられて力とは?

平和な日常から始まる物語。
一転して殺伐とし、息を呑むような戦闘。
そして、温かな人との関係性。

何度倒れても、心に傷が残っていても
少年は、歩く。前へ。進む。
守りたいものがあるから。共にいたい人がいるから。

これから続く物語で、故郷の少女も絡んできそうな予感!
楽しみです。

★★★ Excellent!!!

プロローグから日常の描写はしっかりしているが、その分本題に移るまでが長く感じるかもしれない。
しかし、そのあとしっかりと話が進む構成になっている。二章もメイン二人の心情が綿密に描かれ、バトル後の旅立つ理由に綺麗に進む。バトルや急展開は少ないかも知れないが、それで敬遠するのは勿体無い。
少なくとも二章までは読破してから決めた方がいいと考える。
だが三章からバトルが増えて色々と進み出しそうなのも事実だ。
さらに幕間による他キャラのストーリーも動き始めている。
地味に目を離せない展開が続いていく。

★★★ Excellent!!!

最初がやや冗長だがそれ以降の盛り上がりがgood!
情景や心理の描写がしっかりと成された以降はサクサク進んでいく。
失礼を承知で言えばネットで読む小説というより紙媒体向けの構成と感じた。
まだ二章途中だがそれでもメイン二人の状況と心理が細やかに描けておりこの先が気になる展開だ。