薄明の鬼 ~人と魔物と龍の世界で~

作者 蟹野 康太

382

135人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

故郷を襲う災厄。
全てを投げ打ち、皆を救う覚悟を決めた主人公の手を取ったのは、古より生きる吸血鬼の少女だった。

得た力ゆえに守った人々から怖れられ迫害を受けた少年と、
すでに同郷の者を失い、時代にすら取り残された少女。
厳しい環境にさらされる二人は、それでも手を取り合い前へと進む。

自身の立場が脅かされようとも、困っている目の前の者へ手を差し伸べずにはいられない心優しき少年が少女と歩む冒険譚。
優しく丁寧に書き込まれた本作を読めば、きっと二人の行く末を応援したくなるはずです。

★★★ Excellent!!!

 優しい少年と孤独な鬼姫、二人の出逢いから始まる旅を描いた冒険ファンタジー。
 神官や騎士、牧歌的な村や町といった馴染み深いファンタジーの中に、ほんのり和のテイストを取り入れた、魅力の深い世界観。丁寧な心理描写とともに描かれてゆく、等身大のキャラクター。そして波瀾万丈なストーリーと、読み始めたら一気に引き込まれる作品です。

 神官を志す主人公のセスは、特別に強くも弱くもない普通の少年でした。恩恵と呼ばれる特殊な能力を持っているものの、効果は使い所の難しい『半減』というもの。しかし彼は、吸血蝙蝠の子供を世話しに『異教の祠』へ通い詰めるほど、優しい人物です。
 そんな彼が鬼の少女と出会ったこと。『血の落日』と呼ばれる異変によって凶暴化した魔物から村を守るため、瀕死に陥ったことは、彼にとって運命の大きな転換点となりました。

 使い所がユニークな『半減』の恩恵と、人ならざる者となった代わりに手に入れた『操血術』という能力。セスはこれを組み合わせて強敵と戦う力を得、弱きを守るため奔走します。読み進める中で、優しさと「ありがとう」が光る物語という印象が残っています。
 道中、鬼の姫と仲良く喧嘩するシーンで笑わせられたり、セスや彼女の心情吐露に涙したりと、感情が揺り動かされる物語でもあります。ぜひ、じっくりゆっくり読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

捨て子ながらも神殿守に拾われ、北の農村で平和な日常を送っていた主人公でしたが、ひとつの出会いが運命を変えます。

『力と命を与える代わりに人の理を捨てる』
吸血鬼の少女により、村を守るために鬼の力を得た少年。

熱く激しいバトルシーンは臨場感もあり、とても緊迫していますが、日常はコミカルな部分もあり緊張感だけではなく、楽しめます。

情景描写も心理描写も丁寧に描かれた、鬼となった少年と少女の壮大な異世界ファンタジー。

(ちなみに番外編はコミカルで、会話もテンポよく面白かったです。)


《女子会の警笛 拝読後のレビュー》

★★★ Excellent!!!

真面目で不器用な生き方しか出来ないけれど心優しい主人公セス。
やや特殊な”恩恵”持ちであるセスが森で美しい少女と出会ったことから、彼の運命は大きく変わり始めるのでした。

少年漫画の王道とも言うべき展開が丁寧な筆致で描かれています。
大きな力を手にした少年が大切なものを守ろうと必死に戦う。
しかし、守りきった彼に向けられる目は感謝ではなく、疑惑と畏怖、恐怖。
それでも守れたことを喜び、人を恨まない主人公セスの姿に多くの人が感動することでしょう。

人ならざる力を手にしたうさぎのおにーちゃんと美しき鬼の姫。
主従二人が進む先に待つものは果たして?

うさぎのおのーちゃんが何か、気になった方は是非、御一読を!

★★★ Excellent!!!

こういった見せ方があるんだ!と、とても参考になる一人称小説です。

登場人物の性格や考え方がすごくわかりやすくて、読んでいると自然に作品と一体になっている感覚がします。
セスくん視点は居心地がよく、フィルミナさん視点で魅力が倍増し。
誰の視点で場面が描かれるかが楽しい作品です。

個人的には「半減」の設定がとても面白く、最初に読んだときは、バランスを取るのが難しくないかな?と思ったのですが、その他の設定も同様に世界観にきちんと馴染んでいます。
なので、これからどんなエピソードが増えていくんだろうと読みながらワクワクしてきます。
長く応援し続けていきたい面白さと作者の腕がある、そんな作品だと感じました。

主人公とヒロインが想い合っている描写が好きな身としてはもの凄くストライク!でした。

同じように私も「少年漫画的」で「王道ファンタジー」を書いているので、まさに「こういった作品を求めていた!」のお手本になりました。
「王道」作品を、「外さずに書ける」手腕は、思っていた以上の才能がいると書いてみて痛烈に感じたので、作者様に尊敬の念を抱いております。

そして、私も頑張っていきたい!という勇気をいただけました。

読ませていただき、ありがとうございます。応援しています。

★★★ Excellent!!!

作品に足を運んでいただいたご縁で、この物語に出会いました。
更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

人ならざる力を手に入れる王道ファンタジーの始まりから、人間同士のすれ違い。そしてキャラクター達の内面にある思い、感情というものが簡潔に、しかし厚みを持って表現されており、とても読みやすいものと感じました。
そして他の方も絶賛されております、戦闘描写。能力の使い方やキャラクターの動き、そしてその中で感情を込めるという書き方は、ただの戦闘シーンで終わらない面白さ。本当にお見事だと思います。

ファンタジー好きなら、この物語を読まないなんてもったいない。
他の皆様も是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

大きな力を手に入れれば人を救うことが出来るかもしれません。

でも弱い人たちから見れば自分達の驚異となる力もそれから守り退ける力も同じ大きな力というだけで恐ろしく感じるのかもしれません。

鬼の力という大きな力を吸血鬼のフィルミナから与えられたセスは人を救うために使った力で人々から蔑まれ心の底から傷つきますが、それでも持ち続けた優しさで他の人々を救い又救われていくそんな姿に心打たれます。

ただ強いだけでなくセスが元から持つ自身に掛かる事を半減させる力の使い方が「その発想はなかった!」と言ってしまう位素晴らしいです。
鬼の圧倒的な力を半減させる力が上手にアシストしていく様は『柔と剛の共演』といった感じで戦闘シーンを引き立てています。

それに強い力を得ても慢心せず精進するセスと日頃は強気なフィルミナが時折見せる弱さ、このどちらにも胸がきゅっとしてしまいより深くこの2人のことが好きになってしまいます。

セスとフィルミナの旅の行方を私は見届けようと思います。

★★★ Excellent!!!

 世の中には良かれと思ってやった事が、相手にとっては余計なお世話になったり、逆に煙たがられる原因となったり、または結果的に悪い方向へと事が運んでしまったりと、いわゆる『ままならない』ことが往々にしてあると思います。

 そういう世の中の理不尽さ、理解されないという孤独……そういったところで、主人公セスと読み手の間に繋がる部分が必ずどこかにあって、それが一人称視点という特徴と相まって共感を覚えやすく、セスの物語から目が離せなくなる理由の一つではないか……そう思えてきます。

 また、それらの話が締めるところはきっちり締めて、また笑いを取る場面では適度に緩めるという、話のメリハリが上手く整えられていて読みやすいというのも、この作品の魅力となっています。

★★★ Excellent!!!

作中でくり返し描かれるのは、主人公の熱さと優しさ。
魂を込めた熱い戦いがこれでもかと繰り広げられます。
注目したいのは主人公の魅力をアクションで描こうとする姿勢でしょうか。
戦いに折り込まれた感情には訴えるものがあり、
異能力の使いどころもよく考えられていると思います。

話が進むにつれ世界観が広がる構成のようで、スケールの大きな物語になる予感。
今後も追いかけたいと思います。

★★★ Excellent!!!

少年漫画風作品の王道展開を紡ぐ物語です。
大切な人たちを守るために、とある少女から人外の力を授かった熱くて実直な主人公が、けれども人ならざる力を得たために助けた人々から罵られ、拠所を失ってしまう。といった冒頭で幕を開けます。
日常部分はちょっとコミカルに、戦闘は熱く丁寧に描かれ、常に読み手を惹きつけてくれます。また、それを彩る一人称のストーリーは、まさに血の通った描写と言えるでしょう。
ちょっと珍しいなと思ったのは、題材として鬼、吸血鬼、龍、といった「和」テイストを持ちながら、神殿、神官、騎士、勇者などの「洋」テイストも併せている部分です。(吸血鬼は洋かも?ですが、ヒロインの口調が和を思わせます)
私は現在途中までの拝読ですが、これらがどう絡み合い物語が形成されていくのか、楽しみながら追いかけさせていただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

一言で表すと「こういうのでいいんだ!」です。
ラーメンが食べたくてラーメン屋に入ったら、凄く美味しいラーメンを食べられた感覚と書くとわかりやすいかもしれません。

第一章は目立った欠点がなく進む王道ファンタジーの始まり。第二章はセスとフィルミナをメインに心を打つ心理描写から新たな旅立ちの明示へと。
第三章で主人公セスが口だけではない本当に強い決意を持っているとわかります。

そして何よりも話が進むごとに文章も洗練されて行っているように思えます。
これからも読み進めていきたいオススメ作品です。

★★★ Excellent!!!

本作は、自身に掛かることなら傷や疲労など、何でも半減することが出来る主人公が、しかし村に迫る圧倒的な驚異の前に無残に斃れ、そこに居合わせた神秘的な少女から選択を迫られるところから始まります。
清く優しい心を持った主人公は、恩人や幼馴染み、村の人たちを守るためにそれを受け入れるのですが、それは彼の願いと約束を失わせるものでもありました。

情景や心情の描写が素晴らしく、綺麗で豊かな表現が綴られており、主人公たちの優しさとも合間って、読んでいて心が踊る作品です。

★★★ Excellent!!!

まだ途中までしか読めていませんが感想を。

この主人公には物凄く感情移入してしまいます。守りたいものを守るために瀕死になりながらも力を手にする。しかし、その力のせいで守ったものには突き放される。
主人公の心境が鮮明に伝わってくるから心に刺さるんでしょう。

バトルシーンなども見ていてハラハラドキドキで楽しかったです。

物凄い個人的な感想になってしまうのですが、フィルミナの喋り方がどストライクでした。少女が喋る儂にはこう、何というかグッとくるものがあるなぁって、すいません全く関係ないですね。

何はともあれとても楽しく読まさせていただきました。

★★★ Excellent!!!

 主人公のセスくんが村で"力"を得てからの苦悩や姫様の孤独が繊細に描写されており、戦闘においても、実に疾走感のある手に汗握る展開に目が離せません。
 
 日常の様子が目に浮かぶような、まるで自分がそこにいるかのような錯覚に陥る、丁寧な描き方に思わずのめり込んでしまいます。

今後とも読み進めたい作品です!

★★★ Excellent!!!

真面目で一生懸命な、幼なじみの少女。
そそっかしくも敬愛する、親代わりの師。
変わらぬ平穏の中、ある日出会った謎の少女。
少しずつ影を落とす日々に、胸騒ぎと期待が高まります。

そして、ひとたび“その時”が語られれば、息を呑むほどの緊張。
揺さぶるように激しく動き出す物語へと、一気に引き込まれることでしょう。
力を操りながらの戦闘シーン、多彩な表現で以て語られるその様は必見です。


心優しき少年セスが、灼熱のままに獰猛な決意を抱く瞬間――あなたは“薄明の鬼”の世界に魅せられる!

★★ Very Good!!

他の方も仰っているように前半で読みやめてしまうのは本当にもったいないですね。いわぬるスロースタートというやつですね。異世界ファンタジーなど、普段あまり読まないので、読むのに時間がかかってしまいましたが、物語に入りだすと、とても深くまで入ることができます。是非ファンタジー好きな方にはおすすめです。また、あまり読まない人でも私もとても面白く読めているので、オススメします。是非一読を。
仕事や、用事、執筆などが忙しくて、遅くなってしまい申し訳ありません。今後も応援していますので、是非頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

魔物に襲われ、人を守るために人外の強さを手にしてしまった少年。
だけど、その行為は……

この物語で心打たれるのは、主人公セスの思いやりの強さです。
守った人々にも、彼を鬼にしてしまった鬼姫にも、彼の心の芯にある優しさが強く響きます。

ちょっとツンデレ気味な鬼姫フィルミナがとても可愛く、これからの二人の長き生をゆっくりと見届けたい作品です。

★★★ Excellent!!!

魔物に自分の村を襲われた少年・セス。
大切な仲間を守らなければ。その時、彼に与えられて力とは?

平和な日常から始まる物語。
一転して殺伐とし、息を呑むような戦闘。
そして、温かな人との関係性。

何度倒れても、心に傷が残っていても
少年は、歩く。前へ。進む。
守りたいものがあるから。共にいたい人がいるから。

これから続く物語で、故郷の少女も絡んできそうな予感!
楽しみです。

★★★ Excellent!!!

プロローグから日常の描写はしっかりしているが、その分本題に移るまでが長く感じるかもしれない。
しかし、そのあとしっかりと話が進む構成になっている。二章もメイン二人の心情が綿密に描かれ、バトル後の旅立つ理由に綺麗に進む。バトルや急展開は少ないかも知れないが、それで敬遠するのは勿体無い。
少なくとも二章までは読破してから決めた方がいいと考える。
だが三章からバトルが増えて色々と進み出しそうなのも事実だ。
さらに幕間による他キャラのストーリーも動き始めている。
地味に目を離せない展開が続いていく。

★★★ Excellent!!!

最初がやや冗長だがそれ以降の盛り上がりがgood!
情景や心理の描写がしっかりと成された以降はサクサク進んでいく。
失礼を承知で言えばネットで読む小説というより紙媒体向けの構成と感じた。
まだ二章途中だがそれでもメイン二人の状況と心理が細やかに描けておりこの先が気になる展開だ。