こんな本とかマンガを読んできたー。

作者 江戸川ばた散歩

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 117.PLUTO 全8巻/浦沢直樹へのコメント

    左翼っぽいって事ですか?
    それならワタシも同感です。
    「漫画」は本当に巧い人だと想うんですけどね。
    キートンの「SILVER MOON」ラストなんか
    素晴らしいと想いますし……('A`)

    作者からの返信

    そーなんです。一個上の世代名残だなーと思う訳です。
    20世紀少年は昭和30年代に子供時代を過ごした人々の話→全共闘憧れ世代なんですよねー。
    まあだから長々過ぎる話になるとその辺りが見え隠れして何かなあと思ってしまう訳ですよ。
    この話は手塚治虫自体の傾向がそれに近いということもあって「ま、いっか」になるんですが。
    8巻巻末で長崎氏の後書きのようなものがあるんですが、「いやその戦争の概念自体をアップデートせんとあかんて! そもそも虚しいと判ってたとしても起こってしまうしその理由は文化によっても違うって!」とツッコミたくなりましたわー。

    その意味では沙波羅さんの読書範囲ではないかもしれませんが河惣益己せんせいは逆に「ちょ、描いて大丈夫か?」なくらいなので、興味持てましたら「蜻蛉」ごらんになってみることをおすすめ。

    2020年11月29日 18:56 編集済

  • 115.X 1~18巻/CLAMPへのコメント

    ブッちゃけ『FOREVER LOVE』が使われてた
    映画が一番まとまってたんじゃないですかね……('A`)
    皆、〇んじゃいますが(≧▽≦)
    あ、でも作画と声優はお金掛かってたか。

    作者からの返信

    え、あの曲使われてたんですか……

    ワタシはあの時代CLAMPの「殺されるならあなただけ」「滅ぼされたいからコトを起こす」雰囲気はかなり萌え滾ったので、今〆る話を描くのはまあ止した方がいいなーと思います。
    ウィキ見てよーやく映画もTVアニメもやってたこと知ったくらいなんで何なんですが…… ただ途中まで描かれた内容だったら皆アウト、というのは当時なら想像できるし、そう考えたくなりますわー。
    あと何というか、あの話が始まった1992年ですか、皆ある意味1999年を待ってた感がありますな。良くも悪くも。

    2020年11月26日 07:52

  • 103.プルーピリオド 8巻 山口つばさへのコメント

    ピンポイントですね。
    最近読んで結構ハマりました。
    少し時間を置いて読むとまた違った味わいが在りそうなので
    「寝かせて」ますw
    東京藝術大学って何気に凄いんですね。
    「絵」なんか全然描けませんし描きませんが
    こーゆー「専門モノ」って結構好きです。
    「ランウェイで笑って」とかw

    作者からの返信

    ……そりゃ天下の東京藝大、戦前からずっと続く伝統の芸術のトップクラスの学校ですもん。「最後の秘境~」の方も見てみると面白いです。あっちはほんまもんの藝大のレポマンガ。
    ワタシはたまたま若い頃は「絵も描きたかったけど真っ直ぐ見つめるだけのメンタルが無い」のと、「美大生に憧れる」程度でしたけどね。
    「ランウェイ」はモードでしたっけ。専門外のものに興味持つきっかけになりますね。「10DANCE」や「ボールルーム」はソシアルダンスとか、「銀の匙」は農業とか!

    2020年9月23日 18:28

  • 23.ワールドトリガー21巻/葦原大介へのコメント

    こんにちは。

    自主企画『週刊カクヨム』企画主の戸崎です。

    読んだ漫画の紹介、私もいくつかは読んだことがあるものもあり、感想をみるだけで、知っているぶんおもしろかったです。

    今回は自主企画にご参加いただきありがとうございました。

    今回参加していただいた作品を、企画に書いた通り、9/19~からの週刊カクヨムで紹介させて頂くことにしました。

    紹介を辞退したい場合は、私へ連絡をお願いいたします。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    自分の趣味で取り散らかっている様な紹介ですが、数だけはありますので、ああこれを見たことがある、という方が楽しんでくださればありがたいです。
    また、現在の最大の推しであるこの作品のところでご連絡をいただけたこと、非常に嬉しいです。
    楽しみにしています。

    2020年9月18日 21:47

  • 99.アオイホノオ 1~23巻/島本和彦へのコメント

    嗚呼、15巻前後で脱落しました……('A`)
    余りにも展開が遅いのと、アンタそんな売れてないじゃんっていう……('A`)
    完全に『庵野監督』の昔の話に興味が移ってしまうのですね、
    フリークなので岡田斗司夫さんもですが。
    だからワタシは荒木先生の『自叙伝』が読みたいです。
    『漫画』描いてるので絶対無理ですがね……('A`)

    作者からの返信

    ワタシは島本せんせいのマンガにはさほど興味なくて、同時代的な面白さがやっぱり大きいです。
    ビデオデッキ無かった時代!
    暗黒の部活強制の中で必死こいてアニメやマンガ好きをやるにはなかなかの努力がいった時代!
    のことをやっぱりつぶさに描いてるだけでも(笑)。
    だからまあ、読める世代と読めない世代がありますねえ。
    ただ当人も確か岡田ゼミのどっかの動画で「自伝」ではなく「みたいなもの」的な発言はしてましたな。
    岡田ゼミ話してる本人の楽しさが伝わってきて、内容も面白いからだーっと流してしまうんですわー。

    荒木先生は歳を取らないお方なんで、ジョジョのカタがついて引退しよっかなーと思った頃に描いてくださるかも。どうかしらん。
    他人に文章とかにされるのは何だし手塚せんせいみたいに誰かが描くなんて頃にはワタシ死んでそう。

    2020年9月4日 22:46 編集済

  • 98.チェンソーマン 1~8巻 藤本タ…へのコメント

    40話くらいで脱落しました……('A`)
    呪術廻戦もボチボチキツイですね……('A`)
    いつからこんな「絵」がヘタになったんだろう……('A`)
    『アクタージュ act-age』は打ち切りになるし。
    アノTシャツ欲しいわ!

    作者からの返信

    藤本タツキはファイアパンチを楽しみに読んでたクチ+基本の絵が上手いのでチェンソーマンは「後で」まとめて読むことにして正解でした……
    今雑誌でもの凄く辛い展開になってるんでどうなるかです。
    呪術は何なんでしょう。主人公が誰か判らなくなってしまったんですよねえ……
    かと言って、藤本タツキの様に後で読み返そうという気が格別起きないという。
    アクタージュはギリで電子下ろして正解でした。
    絵師さんが次のチャンスを生かしてくれればいいです。若い女性だし、もしつながったとしても質が落ちると思うので…… 絵師さん応援して……

    2020年9月2日 18:25

  • 40.めだかボックス 全22巻/暁月あ…へのコメント

    西尾維新……
    御気を悪くされたら申し訳ありませんが
    この作者のコトは永久に赦せそうにありません。
    『ジョジョの小説』で絶対やっちゃいけないコト
    ヤらかしたんで……('A`)
    『エリナさんがディオ助ける』とか在るわけねーだろ!💢💢💢

    作者からの返信

    いや、西尾維新自体にはさほど執着は無いのでかまいませんよー。
    あれは原作と絵が合ったからこその作品ですから。
    実際あの絵師さんがボクシングマンガやった時には「あ、まずい」と思いましてその通りになりましたから……

    2020年9月2日 18:27

  • 26.原作と絵師の組み合わせって難しい…へのコメント

    『プラチナエンド』はまだやってたの……('A`)
    というカンジですね。
    せっかくだから『死神』も出してスーパー小畑大戦みたいに
    しちゃえばいいのに、ってくらい印象に残りませんでした。
    あぁ、一人称が「自分」のなんとかさんが
    ちょっとカッコよかったくらいですね。
    エライ小物のよく喋る奴が死んでから読んでません……('A`)

    作者からの返信

    あれは「バクマン。」の中の作中話みたいな展開にしたいのかなあ、と思いつつ、何かもの凄くだらだらしてしまってるのがしんどいです。
    小畑氏は完璧主義的な絵を描くので、原作者がその絵のテンポと合った展開してくれればいいんですが。
    デスノートとバクマン。はそのテンポが上手くいったんですが、さすがにこれはなー、と。

    2020年9月2日 18:29

  • 52.BILLY BAT/浦沢直樹へのコメント

    浦沢作品あるあるですよね……('A`)
    風呂敷広げ過ぎて「畳めてねえよ!」ってヤツ……('A`)
    「MONSTER」でも「20世紀少年」でもそうでした。
    月面のビリーバットとか何だったんだよ……('A`)

    作者からの返信

    一度読むには面白いのですが、二度三度読む作品になり得ないんですよね。
    浦沢作品で一番面白いのはやっぱりキートンだと思いますから、あの方はやっぱり短編向きなんだと思います。つかあれも原作との関係ですしねー。

    2020年9月2日 18:31

  • 42.藤田和日郎作品に感じる「ぞぞぞ」…へのコメント

    この方は人間の【負の部分】を描かせたら天下一品ですね。
    うしとらじゃラスボスの白面よりお外道さんの女教師のが怖かったですからw
    だから、まぁ、その反動として『人間の善性』みたいな描写は
    結構キツいんですよね……('A`)
    (痛々しいというか無理があるというか完全に負けちゃってるというか)
    『雪女』の話も最後生き返らない方が良かったと想うんですよね。
    その「理由」が相当キツイですし最後のセリフが
    「あぁ、あったかいわ……」なんだから余計にね……('A`)

    作者からの返信

    何というかー。
    本当に読めないのは視覚的効果だけなんて辛いんですよねえ。
    そうじゃなかったらからくりサーカス何度も読み返しませんよー。
    からくりだって主人公を楽しく楽しく楽しくしておいてからどーんと突き落とすとかやってましたしなあ。そういう強烈さは好きなんですが。

    ……本当に集合体はなあ……

    2020年9月2日 18:33

  • 88.若草物語/オルコットへのコメント

    今度、映画になりますね。
    もちろんジョーが主役で。このころの児童文学(少女小説?)って今でも通用する黄金パターンができあがってますよね。
    私はいまさらながら、秘密の花園を読んでます。これも偏屈な少女が人と出会い成長していくという黄金パターンです。
    今読んでも、おもしろい。

    作者からの返信

    あれと小公女を比べてみると面白いですよね。どっちもインド育ちますなのに何でああ違うのか。あ、ペリーヌも。
    ちなみにペリーヌ>メアリ>セーラ。原作小公女はもろざまぁ系ですね(笑)。

    2020年6月30日 23:09

  • 81.座敷娘と料理人 1~4巻/佐保里へのコメント

    『座敷女』じゃなかったのか……orz
    ワンピは、ねぇ……('A`)
    正直「終わんないよ」という話で
    (『キングダム』と同じで)
    ワタシ個人としてはクリークに飯食わせた所で
    終わっています……('A`)
    (『偽善』や『無責任』な描写が一番嫌いなんで)

    追記。
    ギンにも食わせましたがその後クリークにも食わせて
    無駄な争いが起こりました。
    せめて縄で拘束してから食わせろと想いました。
    ヘタすりゃ人が死んでたかもしれない……('A`)

    作者からの返信

    娘です!
    可愛いです!
    座敷女の方がお好きでしたか(笑)。だからまあ、その娘ちゃんのままの彼女とずっと暮らしていって大丈夫かお前、という主人公への不安が……
    キングダムは絵的にパスなんで読んでませんどす……
    ワンピは義務的に買っておいても、後で一気読みすると結構報われるんでよしということに。
    メシ食わせるのはギンじゃなかったっけ?

    2020年6月5日 15:03

  • 78.装甲騎兵ボトムズ鑑賞まとめ(笑)。へのコメント

    ボトムズ観てました。戦う機械のようだったキリコが、TV版最終回で「みんなに会えて良かった。そして……」と言えるまでになる道のり。しかし、設定確か18歳‼︎でしたね。

    作者からの返信

    あの時代って、今より確実にプラス10歳で考えた方がいいですよね……
    バブルの頃の西村しのぶのマンガ「サード・ガール」も大学生や二十代前半社員が無茶苦茶大人に見えた!
    まああれから……既に25年が経ってる訳で……

    2020年5月31日 23:36

  • 62.鬼滅終わりましたねえ。ということ…へのコメント

    『まぁキレイにまとめたな』とは想いますが、
    【漫画マニア】の「追及主義」だと、
    『漫画的』に物足りない部分はどうしても出てきますね。

    ・『最初の剣士』が強過ぎ、ラスボスの無惨でさえ秒殺で
    逃げ回るしか出来なかったからボスとしての【格】が
    凋落してしまっている。
    本当に一体『何者』だったのか?
    『漫画的』にはソレでも敵わない超巨大な敵が出てきて、
    ソレを主人公が倒してこそ満足のいくラストとなる。

    ・『ヒノカミカグラ』が完成してない。
    『漫画的』には完成させて他作品だが
    【ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム】のような
    読者の印象に残る必殺技で無惨を斃すべき。
    最後は「AKIRA」の鉄雄みたいになって
    車とかバスで止めてたから「鬼殺隊いらなくね?」
    というツッコミも生まれてしまう。

    ・やはり『青い彼岸花』
    昼間にしか咲かないから無惨にはみつけられなかったって、
    「無惨ドンだけ頭悪いんだよ?」というコトになってしまう。
    そしてどういうメカニズムで『最初の鬼』になるのか描写しないと、
    やはり「消化不良感」は読者の心に生まれてしまう。

    潔く終わらせた点は評価しますが、
    『敢えて厳しく見ると』他の【名作】には
    やはり劣ってしまいますね(≧▽≦)

    作者からの返信

    そう、「あえて厳しくみると」なんですよねー。
    まあ裏返せば、そこの「抜け」は数多いる創作する読者さん達が補完する方がええんではないかと思います。
    ブリーチもリボーンもあんだけ長く連載していながら抜けは山ほどあるので後出しじゃんけんができる次第。あ、リボーンは親世代に関して他者を使って後出しじゃんけんを「しなかった」という意味ではワタシ評価したいです。(つかそもそもあれはギャグから方針転換でああなった話なのでなー)ブリーチはどれだけノベルとかで隙間書かせてんだ的な。(そしてノベル作者がちょうど11回ジャンプ小説大賞で負けた方でしかもそれが最初に書いた小説とか聞くとやっぱり何というか)それでも公式設定を知りたいと読んでしまう悲しさよ。
    ・最初の剣士
    そう、連載で読んでいるとやっぱり印象が散漫になるので「誰?」感は大きいです。まあだからこそ単行本が売れるんだとは思います。週刊連載作品はそういうとこある。
    ・青い彼岸花
    きっと何かしら出したかったんだと思う…… のだけど、他者に出させないため(笑)に伊之助子孫にあれを育てさせて枯れさせた(笑)のかも(笑)。

    作者さま当人の事情でマンガが続けられないとしたならば、ジャンプは小説だったり他の絵師に外伝を作らせるだけの何とやらは用意していると思うんですよねえ……
    鬼滅はどちらかというとバトルより情に重きを置いたはなしだと思うんで(正直あまりワタシはバトルシーンはよくわかっていないのですね)特に沙波羅さんには物足りなくなるかも。
    で、あくまで情の出入りの問題でいけば、「あ、時間がなかったんだな」という結論が自分の中では出るんですが(笑)。

    しまった長くなりすぎた。

    2020年5月22日 14:49 編集済

  • 2.少女終末旅行/つくみずへのコメント

    少女終末旅行、僕はアニメを観て知りました。
    世界観がシリアスで、そして深いですよね。
    少女二人の性格が醸し出す柔らかく暖かみのあるオーラと無機質で冷たい世界観とのギャップが魅力です😊

    作者からの返信

    同じく。
    そんで慌てて原作取り寄せて読みましたー。
    これはこれで良いですが、アニメ補正がもの凄く上手くいった例ですね。
    ……二期あったら悲しいというか怖いというか……

    2020年5月21日 22:40

  • 50.玄椿 全12巻/河惣益己へのコメント

    河惣さんのは「火輪」よんでましたが、あれも神様出てきましたね。あちらは中国神仙世界観。
    この方おもしろいけど、絵が独特で本当に好みがわかれます。
    玄椿もきになったけど、京ことばがしっかりしてるか不安だったのです。

    作者からの返信

    あー関西の方には!
    河惣さんは愛知県豊橋市の方だからなー。今の連載の前の「色兼ネル」は名古屋だったけどそーんなにウケなかったとみて短かった……
    「火輪」も持ってはいるんですが、つい忘れてしまう(°°;)
    今は「蜻蛉」を連載中で、さて何処まで長く世界情勢を眺めてきた河惣さんなりの「あの国」と日本との関係を描けるかなあ、とはらはらしつ見ておりまする。

    2020年5月9日 18:07

  • 47.最後の秘境 東京藝大 1~2巻 …へのコメント

    わたしこれ、本で読みました。
    「ブラジャーウーマン」の性のゆらぎにホロリとし、彼女のそういうモヤモヤを作品に昇華しているところは、さすが、芸大生だなーと思ったのです。

    作者からの返信

    はっ!
    返信遅れてすみませんっ!
    ブラジャーウーマンは凄かったです! しかし考えてみれば、顔を隠せばかなりな格好もできるという意味では「けっこう仮面」も実は発想は近いのかも…… とつい思ってしまいました。

    2020年5月19日 02:34

  • 35.ラ・セーヌの星のアニメ+コミカラ…へのコメント

    シモーヌって、マリーアントワネットの妹だったんですか!
    もうわすれてるなー再放送見てたの小学生だったので。

    作者からの返信

    これびっくりすることに、冒頭のナレーションで言ってるんですよ!
    お近くだったらお貸ししたい程です!
    どらまちっく!

    2020年4月30日 23:19

  • 28.R&Bバタフライ/山口美由紀へのコメント

    山口先生、ビビットキッズカンパニーや、弾丸ヒーロー読んでました。それが今BLかかれてるんですか?
    相変わらず絵は美しいのでしょうね。線がすごくきれいだった。

    作者からの返信

    https://www.cmoa.jp/title/152146/
    とかどうぞー(笑)。
    BL書いてるというより、がんばってBLを入れてる、という感じがしますけどね!
    絵は綺麗ですよ~
    サンプル見れます。

    2020年4月30日 23:22

  • 19.ブルーピリオド 1~7巻/山口つ…へのコメント

    これ、マンガ大賞とりましたね。読んでみたいんですよーコロナ騒動が収まったら、レンタルしようと決めてるマンガです。
    芸大は変人の塊。「最後の秘境 東京藝大」を読んでものすごく納得できました。
    みんな就職しないのも、度肝をぬかれたけど。

    芸術はお金に換算できない。でも、日本の美術界を引っ張っていくのはこういう人達、国が保護してほしい。

    作者からの返信

    そっちも面白いですよねー>最後の秘境
    国になると微妙なんですよ……
    それに関して言い出すと長くなるのでーここでは割愛ー。

    むしろ昔のパトロンの様な、きちんと「芸術というものを理解できる裕福な何か」がバックにつく様な感じならいいんですがねえ。
    ノブレスオブリージというものが難しい社会ですしねー……
    でもまあ、だからこその「藝大」ステイタスですから!
    そして本当に作品が良ければ本人が何かできなくとも周囲が何かお膳立てしてくれそうなことも!

    2020年4月23日 15:19

  • 14.大奥 1~17巻/よしながふみへのコメント

    私、大奥はコミック派なんですが、もう本誌では家持が亡くなったんですか。
    和宮といいコンビだったのに。
    気になるのは、天璋院と家定の子ども。本当に流産したんだろうか?
    史実では二人の間に既成事実はなかったとされているのに、わざわざ妊娠させたという事は何か裏があるんじゃないかと深読みしています。

    作者からの返信

    すいませんーーー!(バレ)
    でも史実的にもいい感じだったのに~だったんですよねえ……確か。
    和宮は柩に写真を収めたとかそういう。
    よしなが大奥では、そう、いいコンビというか、「女同士の友情/間に持つ子供」というのも描きたかったと思うのですよ。全く最後の最後にぶっこんでくれます…… あの方は……

    家定はどうなんでしょう。流産ではなく、妊娠したまま単に具合が悪くなって亡くなったという記述だったような。……後で確かめてみなくては。
    あ、この対談面白いですぜ。

    https://natalie.mu/comic/pp/ohoku_palace

    2020年4月21日 23:20

  • 9.記憶をひもとく70年代~80年代前…へのコメント

    「ラ・セーヌの星」! 再放送のアニメ見てました。黒いチューリップ大好きでした。ベルばらより私的にこっちの方が面白かったんだけど、圧倒的に知名度ないですよね、ラ・セーヌ。
    まさかマンガ原作だったんですね。知らなかった。
    後「百億の昼と千億の夜」文庫で持ってます。圧倒的なクオリティ、そして哲学的な内容。むかしの少年たちはレベル高かったなーと思います。

    作者からの返信

    しまった誤解をさせる書き方をしていた……か?
    いやいや原作はあくまでアニメどすーーーーーっ!
    アニメのコミカライズが小学館の雑誌でそれぞれ載っていたということで……
    その中の一つが現在入手できるぎりぎりのラインっーことで……
    ほら、ウルトラマンの昭和シリーズとかゴレンジャーとか小学*年生で連載してたような!

    あ、ちなみに現在イタリアだかスペイン版の更に廉価版を入手できましたので、(むこうで人気だったんですね)やっとアニメの本当の話の流れを見ることが…… シモーヌ格好良すぎ。富野かんとくが最後のあたり参加してるんですぜ……

    2020年4月20日 12:27

  • 8.残穢/小野不由美へのコメント

    十二国記を全部読了したので、つぎこれ読もうかなと思ってたんです。
    でも、すごくぶっとい。
    ホラー私も苦手だけど、探求心をくすぐられる書き方なんですね。
    図書館があいたら借りてみよー

    作者からの返信

    なのですなのです。
    アマゾンのレビュー見ても、怖いと思うひとと思わないひとがやっぱり居るようで。
    ちなみに文庫だとそうぶっとく感じないので、そっちの方が良いのではと。
    十二国記はワタシも好きなんですが、新刊の四冊はちと…… 読みづらかったざんす…… 基本がホワイトハート文庫だったからエンタメ色多く読みやすかった書き方が、少し前の短編集で市井の人々目線が多くなってきたことで……(微妙)

    2020年4月20日 12:32

  • 1.天上の虹/里中満智子へのコメント

    うわー「天上の虹」も「長屋王残照記」ももってます。
    これで私は、古代史好きになりました。後は、「日いずる処の天子」も好きでした。
    ここら辺読んでたら、一学期のテストは楽勝(笑)
    持統天皇の最後、お骨が盗まれたエピは、印象深かったです。大地に帰っていったのかなあと。

    天皇になった理由も、孫に継がせるための中継ぎという説がいままで有力だったのですが、持統天皇自らが統治したかったという説もあると聞いて、私はそっちの方が納得でした。

    作者からの返信

    おなじくー。
    この話の中の持統天皇はまあ、里中満智子的「一人でもやってやる!」「でも愛も欲しい!」にぴったりなヒロインだった訳ですが、色々な説を見てみても、やっぱり納得ですよね。
    中継ぎという意味ではむしろ仲天皇となった(そう記載はされていないけど)天智天皇の妹の方ですよね。あと息子の意思を継いで~の阿閉さま。
    それにしても本当に長い時間の連載を画力が衰える前に描ききったのは本当に凄いと思います。

    ぼそ(庄司陽子せんせいは)

    2020年4月17日 23:20

  • すべてのエピソード 24
  • 1.天上の虹/里中満智子 1
  • 2.少女終末旅行/つくみず 1
  • 3.ごくふつうの恋/えみこ山
  • 4.高河ゆんの記憶と「アーシアン」
  • 5.マリー・アントワネットの日記 Rose・Bleu ・ベルサイユのゆり/・吉川トリコ
  • 6.劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 映像とコミックと
  • 7.魔法少女ほむら☆たむら/あfろ
  • 8.残穢/小野不由美 1
  • 9.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(1)そもそも~「小学館学習雑誌」「なかよし」「チャンピオン」 1
  • 10.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(2)「なかよし」~1972年まで。/付録本・そしてまるやま佳
  • 12.リセットアウト・コルティジャーナ・オネスタ・I's/庄司陽子
  • 13.ジェニーとナッキー。/何でもできちゃう歳はどうしたの金持ち毒母もちヒロイン二人。/河惣益己・庄司陽子
  • 14.大奥 1~17巻/よしながふみ 1
  • 15.「ハイジ」アニメが原作から抜いてつけたもの。
  • 16.軽井沢シンドローム/たがみよしひさ
  • 17.軽井沢シンドロームSPROUT/たがみよしひさ
  • 18.スーパーカブ 1~4巻 /蟹丹/トネ・コーケン
  • 19.ブルーピリオド 1~7巻/山口つばさ 1
  • 20.きのう何たべた? 1~16巻/よしながふみ
  • 21.ワールドトリガー19巻/葦原大介
  • 22.ワールドトリガー20巻/葦原大介
  • 23.ワールドトリガー21巻/葦原大介 1
  • 24.ジャンプスクエア2020年5月号・ワールドトリガー感想
  • 25.SKET DANCE/篠原健太
  • 26.原作と絵師の組み合わせって難しいよね/アイシールド21コンビのその後と、小畑氏のあれこれ。 1
  • 27.ペリカンロードⅡ F…the alternative/五十嵐浩一
  • 28.R&Bバタフライ/山口美由紀 1
  • 29.野球狂の詩 平成編・新・野球狂の詩/水島新司
  • 30.銀河英雄伝説 1~17巻/藤崎竜・田中芳樹
  • 31.Heisei七色いんこ/石田敦子・手塚治虫
  • 32. サイボーグ009完結編 conclusion GOD’S WAR 全5巻/石ノ森章太郎 , 小野寺丈, 早瀬マサト、シュガー佐藤、石森プロ
  • 33.サイクリーマン 全3巻/原田尚
  • 34.MADK 1.2巻/硯遼
  • 35.ラ・セーヌの星のアニメ+コミカライズ「ラ・セーヌの星」全2巻/森村あすか 1
  • 36.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(3)「なかよし」~1972年まで。/別府ちづ子
  • 37.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(4)「なかよし」~1972年まで。/原ちえこ
  • 38.弱虫ペダル/渡辺航 アニメ→63巻と番外まとめて→その後出るごと
  • 39.びわっこ自転車旅行記 滋賀→北海道編/大塚志郎
  • 40.めだかボックス 全22巻/暁月あきら・西尾維新 1
  • 41.サイボーグ009 BGROOPARTS DELETE 1巻/岡崎つぐお
  • 42.藤田和日郎作品に感じる「ぞぞぞ」は集合体恐怖症と通じるんじゃないか? 1
  • 43.部長が堕ちるマンガ+シン・部長が堕ちるマンガ/中村朝
  • 44.蛍雪時代 全5巻+9で割れ!!昭和銀行田園支店 (全4巻)/矢口高雄
  • 45.ボクの手塚治虫/矢口高雄
  • 46.季刊というか年3回雑誌エメラルド2020年春の号~純情・セカコイ・スパラバ・八犬伝
  • 47.最後の秘境 東京藝大 1~2巻 土岐蔦子/二宮敦人 1
  • 48.二度目の人生アニメーター1~4巻/宮尾岳
  • 49.傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 1~2巻/磯見仁月
  • 50.玄椿 全12巻/河惣益己 1
  • 51.水が氷になるとき/西炯子
  • 52.BILLY BAT/浦沢直樹 1
  • 53.ドカベン プロ野球編 全52巻/水島新司
  • 54.ドカベン スーパースターズ編 全45巻+大甲子園 全26巻/水島新司
  • 55.野球狂の詩平成編・新野球狂の詩 合計15巻/水島新司
  • 56.オリンピア・キュクロス 1~4巻/ヤマザキマリ
  • 57.ダイホンヤ/とり・みき・田北鑑正
  • 58.イシュタルの娘 全16巻/大和和紀
  • 59.並木橋通りアオバ自転車店シリーズ/宮尾岳
  • 59.滅法矢鱈と弱気にキス 1巻/腰乃
  • 60.超展開バレエマンガ谷ゆき子の世界/谷ゆき子
  • 61.Infini-T Force未来の描線/江尻立真
  • 62.鬼滅終わりましたねえ。ということで連載のバランスとかのこと。 1
  • 63.四十七大戦 1~8巻/一二三
  • 64.不死身の命日/虫歯
  • 65.メトロポリス/テア・フォン・ハルボウ
  • 66.乱れからくり/泡坂妻夫
  • 67.天下無双 全10巻/宮下あきら
  • 68.角栄に花束を 1巻/大和田秀樹
  • 69.国境のエミーリャ 1巻/池田邦彦
  • 70.SSSS. GRIDMAN関係の放映リアルタイム時のいろいろ感想とかまとめとか考察とか
  • 71.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(3)「なかよし」~1972年まで。/別府ちづ子
  • 72.スーパーカブ(小説)1~6巻/トネ・コーケン
  • 73.ゴーストD・J/山下友美
  • 74.急降下爆撃/ハンス=ウルリヒ・ルーデル
  • 75.ペリカンロード 全14巻/文庫8巻/ 五十嵐浩一
  • 76.球道くん 全19巻/水島新司
  • 77.一球さん 全14巻/水島新司
  • 78.装甲騎兵ボトムズ鑑賞まとめ(笑)。 1
  • 79.ながたんと青と-いちかの料理帖- 1~4巻/磯谷友紀
  • 80.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(4)「なかよし」~1972年まで。/原ちえこ
  • 81.座敷娘と料理人 1~4巻/佐保里 1
  • 82.ワールドトリガー 22巻/葦原大介
  • 83.カントリー・ダイアリー 春から夏へ・秋から冬へ/イシノアヤ
  • 84.記憶をひもとく70年代~80年代前半マンガ(5)「なかよし」~1972年まで。/志摩ようこ
  • 85.ここからはオフレコで/早寝電灯
  • 86.ペリーヌ物語(家なき娘/マロ)アニメと原作、そんで割と同時代のセーラとの違い。
  • 87.ファイアパンチ/藤本タツキ
  • 88.若草物語/オルコット 1
  • 89.飛ぶ教室/ケストナー
  • 90.夢の中 悪夢の中/三原順
  • 91.大和真也の80年代SFシリーズ1/ジュゼ
  • 92.大和真也の80年代SFシリーズ2/スターゲイザー
  • 93.はみだしっ子/コミクス全13巻 文庫全6巻 三原順 その1
  • 94. ゲームオブファミリア〜家族戦記 1〜4巻/山口ミコト・D.P(旅先で書いた版)
  • 95.家族戦記~ゲーム オブ ファミリア 1~5巻/D.P・山口ミコト
  • 96.転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 1~9巻/ 進行諸島・彭傑
  • 97.弱虫ペダル 68巻+68.5ファンブック/渡辺航
  • 98.チェンソーマン 1~8巻 藤本タツキ 1
  • 99.アオイホノオ 1~23巻/島本和彦 1
  • 100.白鳥姫/ストリンドベリ
  • 101.僕のヒーローアカデミア 28巻/堀越耕平
  • 102.天帝少年 中村朝短編集/中村朝
  • 103.プルーピリオド 8巻 山口つばさ 1
  • 104.ミステリと言う勿れ 7巻/田村由美
  • 105.森薫の好みの女性キャラとは。エマとシャーリーと乙嫁達の中から。
  • 106.蜻蛉 1~7巻/河惣益巳
  • 107.阿・吽 12巻/おかざき真里
  • 108.ボーイミーツマリア/PEYO(恵口公生)
  • 109.黒執事 30巻/枢やな
  • 110.パリピ孔明/四葉夕卜/小川亮
  • 111.空は赤く落ちる/ヒッポ
  • 112.チェンソーマン 9巻/藤本タツキ
  • 113.私のジャンルに「神」がいます/真田 つづる
  • 114.エスカレーション/倉田悠子
  • 115.X 1~18巻/CLAMP 1
  • 116.東京BABYLON/CLAMP
  • 117.PLUTO 全8巻/浦沢直樹 1