【連載版】彼女を悪役令嬢にしないための10の方法

作者 桃kan

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全66話

更新

  1. 転生におけるお約束? そんなの知らないです。
  2. 第0話 プロローグ
  3. 第0話 プロローグ2
  4. 第0話 プロローグ3
  5. 第1話 簡単に決めていいものじゃないんですよ?
  6. 第2話 なかなか骨がおれますね。
  7. 第3話 本当、なんて調子のいい事で。
  8. 第4話 なんてご都合主義なんでしょうか!
  9. 第5話 甘々しいのも疲れます。
  10. 第6話 何か欠点があると萌えるものですね。
  11. 第7話 かなりの強キャラ登場ですよ!
  12. 第8話 噛み合わない会話とズレてる考えです。
  13. 第9話 身体を動かすのも重要ですね。
  14. 第10話 私たち、置いてけぼりじゃないですか?
  15. 第11話 幕間です。ご主人様、放置中ですね。
  16. 第12話 ちょっとピンチ! ですね。
  17. 第13話 なんだか自分が無力です。
  18. 第14話 ベタなのも、嫌いではないのです。
  19. 第15話 お約束って、なんだかんだで良いものです。
  20. 第16話 概ね問題なし? ですかね。
  21. 第17話 嫌な奴と思われますが、修羅場って見てる側は楽しいのです。
  22. 第18話 一触即発と思いきや……惚気ですか?
  23. 第19話 知らなかった感情には、困惑するものです。
  24. 第20話 話はようやく進み始めましたよ。
  25. 第21話 どうにもこうにも不可解です。
  26. 第22話 それは最早……告白です!
  27. 第23話 それもなんだか不可解です。
  28. 第24話 だからそれも、告白です!
  29. 第25話 明日のために休息は必要ですよ。
  30. 学園生活ですか。まぁ楽しくいきましょうよ
  31. 第26話 新たな門出は不安と期待が入り混じるものです。
  32. 第27話 お約束は用法用量を守って程々にです。
  33. 第28話 無自覚は時として凶器になるのです。
  34. 第29話 鈍感なのも様式美かもしれないですね。
  35. 第30話 周囲から浮いているのって、結構辛いですよね。
  36. 第31話 敬遠されるって傷つきますよね。
  37. 第32話 成長するということは素晴らしいものです。
  38. 第33話 攻略対象登場でテンション上がるのは無理もないです。
  39. 第34話 意思疎通が出来ないのは苦しいものです。
  40. 第35話 何だかお話のジャンル、変わってません?
  41. 第36話 どんなモノも度が過ぎるとイラつくのです。
  42. 第37話 何か裏があるような、そんな気がするのです。
  43. 第38話 そんなとこだけアニメ通りでなくてもいいんですけど。
  44. 第39話 これは謂わゆる、嵐の前の静けさです?
  45. 第40話 刻一刻と、嵐は近付いてきますよ。
  46. 第41話 避けることのできない事態も必ず起こるものです。
  47. 第42話 これって謂わゆる『断罪イベント』ですか?
  48. 第43話 これ、本当に『断罪イベント』ですか?
  49. 第44話 断罪イベント、アフターというやつですね。
  50. 変わり始めたものは止められませんね。
  51. 第45話 きっとそういうものですよ。
  52. 第46話 本当に悪い人なんていないということです。
  53. 第47話 見えていなかった側面を見ると絆されてしまうものですね。
  54. 第48話 八つ当たりは良くありません。
  55. 第49話 再び、厄介ごとの予感です。
  56. 第50話 さぁ。物語を進めましょう。
  57. 第51話 誰かが怒る時、きっとお話は大きく動くのです。
  58. 第52話 宵闇の忍び込む教室、決別の後……ですね。
  59. 第53話 私が見ることのできない彼女たちのお話、ですね。
  60. 第54話 言葉にされたくないものもある。
  61. 第55話 励ます相手を間違えていると思われるかもしれません。
  62. 第56話 彼女が変わらなかった訳。
  63. 第57話 いわゆる『恋の病』と言うやつでしょう?
  64. 第58話 私が見ること出来ない、彼女の黒すぎる感情。
  65. 第59話 陽が暮れてしまう前に、伝えられたならどれだけ幸せか。
  66. 第60話 純粋な気持ちと、勝手な思い込みと。
  67. 第61話 迷った後、弱さを理解したあと。きっと見えるものがある。
  68. 第62話 私が見ることのできない、彼女の苦悩。
  69. 少し風変わりな恋の歌をあなたに。
  70. 第63話 辿々しいのもずっと続くと辛いのです。