※あくまでイチ個人の感想です

作者 小豆沢さくた

すべてのエピソードへの応援コメント

  • はじめに ~レビュー書けなくてすみませ…へのコメント

    こんにちは~
    自主企画からきました!
    ステキなご参加ありがとうございます:)
    え、レビューとは?
    気になったので、ちょっとみてきました。
    書籍の場合、「批評」となってますね~
    柚子は、語源で行こうと思います。
    re-view:再度ーみる、回顧する・振り返り
    キチンと意味をとらえようとされる姿勢、ステキです。おかげで企画にご参加いただけました(笑)

    作者からの返信

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    自主企画、参加させていただきました。よろしくお願いします。

    語源を考えると、私の書いている感想もレビューと言えなくもないのですね。勉強になりました!

    2021年4月30日 17:44

  • 好みが激狭なイチ読者の苦悶へのコメント

    『ちょっと身体と喧嘩しまして』の感想について、追記ありがとうございました。
    (感想の記事には既にコメントを書いてしまったので、こちらから失礼いたします)
    カクヨムで読んでくださった方に情報が届くといいなぁと思っていたので、書籍への収録に反応をいただけてとても嬉しかったです。
    拙作をお気にかけていただき、ありがとうございました。

    人の感想を読むのが好きなので、こちらの感想も時々覗かせていただいております。
    カクヨムでのスコップはなかなか手間がかかりますが、作田さんがこれからも好みの作品に出会えるよう、微力ながら願っております。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    感想の追記に気づいていただき、こちらこそありがとうございました。
    さもありなん、お知らせを見つけたときは一人でニヤニヤしてました(笑)
    おめでとうございます!

    他の感想も読んでくださってありがとうございます。
    語彙も少なく拙い文章ですし、スコッパーと名乗れるほど活動しておりませんが、これからも好きな作品に好きだと好き勝手に叫んでいきたいと思います。

    2021年3月14日 09:11

  • 好みが激狭なイチ読者の苦悶へのコメント

    なるほど~。
    お金を払ってでもという観点で見ると、随分限られてきますね。
    自分から見て『これだけ上手いならプロでもおかしくない』なんていう作品はざらですが、イコール書店に並んでいたら買うかどうかは別問題ですもんね。フォロワーさんなら記念に買いますけど。
    考えてみれば、書店にある本(出版社が売れると思った本、出版社が推している作家が書いた本)だって合わない本がたくさんあるわけなので、そこんところ考えると私の好みも激狭かもと思いました。

    すーっごい前、まだweb小説の存在を知らなかった頃、某小説大賞の大賞受賞作が現代ファンタジー(しかもバトルもの)で、ぱっと見私の好みっぽかったのでを読んでみましたが、途中で読むのをやめました。飽きたんです。ストーリーも全然頭に入ってないくらいに自分にとってどうでもよいものでした。それが大賞を受賞しているし、なんだったらアニメ化もされてました。別に妬みや僻みや意地悪な気持ちなど一切なく単純に「なんで?」と疑問に思うくらいでした。
    マーケティングのために読んだってのを差し引いても、一冊読み切れないってのは相当いろいろ合わなかったんだろうなあと……。

    あ、すみません。人んところでなんかすごい書いてしまいました。
    なにが言いたかったのかと言いますと、好みが人と合わなくてモヤモヤすることあるので共感した、と言うことです。

    もしも今後自主企画が立ち上がるようなことがありましたら、参加させて頂きたく思いますので、そのときはよろしくお願いします。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    上手い≠おもしろい
    世間のおもしろい≠自分の好き
    という感じですね。おもしろさと好みの合致、なかなか難しい問題です。
    わかっていただけて嬉しいです。

    本屋に並んでいる本は特にお金もかかりますから、購入まではほんっとに吟味厳選します。それでも合わなくて、ちょーがっかり! も、何度もやってます。

    大賞取ってアニメ化までされた作品が合わなかったときは、さぞやモヤモヤされたでしょう……あああ……お察し申し上げます(泣)

    自主企画は、実現の可能性は低いと思いますが(笑)、もしそのときはご参加いただけたら嬉しいです!

    2021年2月18日 18:13

  • 好みが激狭なイチ読者の苦悶へのコメント

    わかります。

    私は必然なき物語は受け付けない体質なので、単なる無双ものはダメなんです。

    ここであずさが紹介されているもの、読んでいきたいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    >必然なき物語は受け付けない
    これですよね!!!!
    そうなんです!!!!
    だから伏線回収が大好きなんです!!

    私の感想からお気に入りの作品を見つけていただけたら、この上なく嬉しいです。
    どれもおすすめです。ぜひぜひ。

    2021年2月12日 08:13

  • 好みが激狭なイチ読者の苦悶へのコメント

    わたしもわりと、一般的に好まれる作品と自分の好みは離れている方なので、わかりますわかりますとうなずいてしまいました。
    あずささんにはぜひともこのまま、お好みの作品の感想を書いていっていただきたいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    御剣さん、お仲間でしたか……! 心強いです!
    好みはそうそう変えられるものでないですし、もう仕方ないので、好きだと思える作品を一作でも増やしていければと思います。
    ウェブの海は広いので可能性は十分にある!! 探すの手間だけど!!(泣)
    そんでもって好き勝手に感想書きます。ありがとうございます。

    2021年2月10日 22:36

  • 048「電気と魔法 −電気工事士の異世…へのコメント

    うわ、ふと見つけて、大感激です。

    ここまで褒めていただいて、嬉しさのあまり、ありゃこりゃと踊っております。

    ありがとうございます。

    大感謝ですっ!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    いやー本当に好き勝手書きました。見つけていただいて嬉しいやらお恥ずかしいやらです。
    レビューで書けたらよかったんですが、どうにも感想にしかならず、しかもこんな文章しか書けず本当にすみません。
    評価の星もありがとうございます。

    とにかく、とってもおもしろい物語でした!
    ありがとうございました!

    2021年2月8日 18:09

  • 047「竜帝さまの専属薬師」/藤浪保さ…へのコメント

    感想もらえるの期待してましたすみません!(笑)
    しっかりとした感想がもらえるのって(厳しいものでも)なかなかないので、すごく嬉しいです。
    不足部分、その通りでございます。敵側あんまり出せなかった。(そしてあんまり考えてなかった)

    本当にありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    見過ごしてはもらえませんでしたか(笑)
    宣言どおり好き勝手に書きました。個人的希望の部分も読んでいただきすみませんでした。(さらりと読み流していただければと思います……)

    本当におもしろい物語でした。ありがとうございました!

    2021年1月24日 20:22 編集済

  • はじめに ~レビュー書けなくてすみませ…へのコメント

    面白かったですの一言でいいんですよ(イチ書き手兼読み手として)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    (感想書く前に見つかってしまった……)
    レビューではありませんが面白かったです! の感想は別途好き勝手に書きますので、どうか見過ごしてください(笑)

    2021年1月19日 20:34

  • 完結力と連載力と、ミカンちゃんへのコメント

    ミカンちゃんってもしかして、と思ったら、やっぱりあのミカンちゃんでしたね(笑)

    完結した作品しかあげてませんよって言おうと思ったらエッセイをダラダラ続けていたことに気付きました。
    エッセイのトドメっていつ刺せばいいんだろうか。謎です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    そうです、あのミカンちゃんでした(笑)
    詩一さんも完結力がズバ高い作者さんなので、私は安心して読めるんですよ(しかもドストライクだし)!

    エッセイは別で、逆に完結しちゃうと寂しいなあと思います。連作短編等と同じ感じですね。
    なので、トドメ刺さないでそのまま続けてください(笑)

    2020年8月1日 20:26

  • 完結力と連載力と、ミカンちゃんへのコメント

    作品が好みなのに完結されない作者さんって一定数いるのでわたしも最近は独自基準を持ってます。
    やはり物語は完結してなんぼだと思うのです。
    これからもさくたさんに読んでいただけるような作品が書けたらいいなぁ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    >やはり物語は完結してなんぼ

    私もその通りだと思います。だから完結力の高い作者さんの作品を、優先的に読んじゃいますね……。
    御剣さんの完結力は素晴らしいです!
    気になる作品はお伺いしますー!(好みは激狭なので……すみません)

    2020年7月31日 22:26

  • 完結力と連載力と、ミカンちゃんへのコメント

    連載ってきついですよね……
    (一年休載とかしてぜーはー言いながら続けてるマン)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    書いて出し連載を続けていらっしゃる方は、本当にすごいです。
    私にはとても無理です……。
    完結してから連載公開するにしても、まず完結させるまでが長すぎて自分でも飽きてしまって、どうしたらいいのってなります(笑)

    2020年7月28日 18:02

  • 044「世界で一番あなたがきらい」/湊…へのコメント

    さくた様、お忙しい中、お読み頂きましてありがとうございました…!

    というか、読んで頂けただけでも光栄なことですのに…っ、この…考察の深さ…!!!!!めちゃくちゃ嬉しいです…!(号泣

    >「エモい」=「高低差」

    そうだあああああ、それが私のエモだあああああああ!?(悶絶

    高低差…あるいは、正反対なもの、ですね…そういうのが大好きなのです…あっ、カクヨム枕草子までお読み頂いて恐縮です…あっちはあっちで、色々とやばい(意味深)ですが…苦笑

    こう、正反対なものって言いはしますが…決して、白と黒で分けられるものではなく…白と黒が歩み寄って、反発しあって、混ざりあって、様々な色になるのが本当に好きでして…。「世界で~」は、まさにそのようなお話でした…。さくた様の考察に二百点満点差し上げたい(何様


    フェンは愛されですね!!!しかも厄介な人ばかりに!!(笑

    アッシュの偽名にも気づいて頂けて良かったです…ちなみに彼には灰色殿下というあだ名もあります(思えば、彼が一番、色んな方から愛称をつけてもらってるかも…?

    そして、ゲイリーと見せかけて、オルフェにハマってくださったのが嬉しい///
    影のある苦労人っていいですよね…ね…。。。本編終了後は、アッシュとフェンの色恋に巻き込まれる&ゲイリーに厄介事持ち込まれて、別の意味で苦労してそうですが…まぁ。まぁまぁまぁ!!そんなオルフェも私は好きだ!!(唐突な暴露はNG

    (そして、ユリアスは怖かったですね…分かります…あいつは本当に敵に回してはいけない…ダメ、絶対…)
    (といいつつ、ラスボスが味方になるパターンも好きな湊波は、ifストーリーとして、アッシュ、フェン、ユリアスの3人での共闘をあれこれ妄想するのでありました…苦笑)


    人様の応援コメントで、大変に長文を書いてしまいました…申し訳ありません…。。。
    重ね重ねにはなりますが、お読み頂き、本当にありがとうございました…!!

    追伸
    ラストが「あなたがきらい」っていうのもエモいですねえええええええ(激しく頷き

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    「エモい」についての結論、見当違いでなくてよかったです。二百点満点いただきました! やったー!
    高低差、正反対なものを持つ二人が紆余曲折を経て混ざって、また違う色になる。アツいですねーエモいですねー!(白黒混ざってグレイに……はっ、だからアッシュ!?笑)

    ゲイリーとオルフェのコンビのエモさもまた好きです。クールでいたいオルフェにいつも厄介ごとを運んでくるゲイリー、アッシュとフェンに振り回されながら解決してやれやれ、ですねわかります。
    ユリアス王太子は、もしや今後は宰相的なポジションで、エグエグしい頭のキレで内政及び外交を進めていくんでしょうか……頼もしいけど怖い……(笑)

    ラストのセリフ、あの王道的返答は、フェンの性格の良さ、人の好さが出たなあと思いました。そんなフェンだからこそ、アッシュに気に入られたんだろうと思います。が、タイトル回収&赤面&涙目でアッシュの心臓を打ち抜いてもよかったんだよ……!(個人的エモです)

    好き勝手な感想でしたが、作者の湊波さんに肯定していただけて嬉しかったです。
    おもしろかったです! ありがとうございました。

    2020年7月24日 15:45

  • 043「斯くして鳳皇、紫微垣より」「ふ…へのコメント

    こちらにお返事を寄せるとゴリゴリの歴史クソオタク的早口なアレになるな…と思い、ためらっていたのですが、「それでいいじゃん」と天啓が降りてきたのでお返事いたします(悟った顔)。


    >知らない時代の歴史は、もはや異世界ファンタジーとして読める。
    これですね。異世界ファンタジーが異世界で歴史やれてんなら、歴史だって異世界として語れんだろ! みたいな野望は抱いていますw

    そして、今回お読みくださいました三作の文体について先に語らさせていただきます。「可能な限り文体硬度のレンジを広く取る。どの硬度を好む人でハマる人がいるかわからないから」と、考えています。 
    ジャンルについては譲るつもりがないぶん、せめてどう間口を広げられるか、ですね。そのへんは自分の可能性の拡張にもつながる感じがあり、楽しい挑戦であります。




    「斯くして鳳皇、紫微垣より」

    これねー……割と「おらっ自己紹介します、こういうの書くやつです、割と読む人選ぶぞ気をつけろよ」的名刺として提示してたところがあるので、削除せざるを得ないのが無念ではあるんですが、一つ気付いたことがあって。

    エログロ度、これ一個が無駄に突き抜けてたんですよね。

    普段エログロをあんま書こうとしない、でも時々書きたいマンとして、この作品掲載して以来次のエログロ作が全然出てこないということは、結局この作品が例外だったんだな、とゆう。ある意味削除することで作品掲載の流れがスムーズになったのかな? という気もし始めていますw

    確かに、歴史小説って、基本人の死に脈絡ないですね。ここに脈絡、マエフリ、伏線を引くのは歴史小説のハードルを下げるために重要なのかもしれません。その辺りの配慮一切なしで慕容泓と苻堅殺してたなぁ……や、これは重大なご指摘ですね、ありがとうございます! 「史実だから仕方ない」とか言ってる場合じゃないw

    慕容沖の人生は、怒りと復讐心に染まりきった人物の生涯であり、ただただ報われなくて虚無だな、と感じています。自分はあまり小説を読めていないので、この手の虚無が小説の中にあるのかどうかはわからないのですけれど、ひとまず「ヤバイものだ(とてもすき)」とは感じました。それをうまくさくたあずささんにお伝えできたようで、安心しました。




    「ふるさとの国を追われた俺は敵国の将軍になってリベンジを決めてやった」


    ラノベ構造論的なものを読んでたときに、「そっか、TUEEとざまぁがトレンドなのか……ん、そういやそんなやついたな!?」みたいな感じでのチョイスでしたw 別に慕容沖に関連させるつもりはなかったんですけどねー、思いがけず慕容沖まわりを複層的に見れる構造になったので、結果オーライかな、とw

    これは、ラノベとして書く初挑戦でした。どこまで上手くできているのかな。カクヨムやなろうの三國志ものでは割とこの方向性のものにも人気があるみたいなんですが、ただやっぱり「三国志ものである」ところからはなかなか脱しきれていない感じがあって。「気軽にぱっと読めて、面白くて、えっこれって歴史物語だったの!?」みたいな感じで興味示していただけるように、どんな工夫ができるか。この方向性を、もっともっと詰めていけたらな、って思ってます。

    王猛ね……ほんとこのひとの心労、やばかったと思うんですよ。ただ物語の都合上無能の変態みたく描かざるを得なかった苻堅ですが、実際のところ「苻堅が主でなければ王猛は活躍できなかった(多分すぐ他人から恨みを買って殺されていた)」と言われています。凄まじく偏屈だったらしいんですね。その王猛をきっちり舵取りし、自らの国を大国に押し上げた苻堅は、間違いなく当時におけるナンバーワン君主であった、と思っています。

    ちなみに王猛の死因、ぶっちゃけ心労じゃなくて過労だと思ってますw



    「望月、灰燼を照らす――武康俠客悲録」

    これは沿革できてから、全力で文字数調整しましたねーw その気になればある程度文字数コントロールもできそうだ、という(あまり抱く意味のない)自信を手に入れることが出来ましたw しかし俺、血みどろなもんばっか書いてますねぇ……(すき)



    三国志演義といえば、カクヨムには現代日本語訳が存在しなかった三国志演義の続編を自力で訳された兵(つはもの)がいらっしゃるのですよね。文句なしに偉大なお仕事、すごいと思うのですが、なかなかカクヨマーの皆様にはおすすめしづらいです。なぜなら人が多すぎる。なので人間関係とかも整理が大変。三国志演義もそうですが、人数が多いとつらいです。いやそういうお話書くのもまた好きなんですがwww

    普段歴史小説を読まない方に気軽に触れていただくために、何ができるか。今後も全力で追いたいテーマです。今回さくたあずささんにお読みいただけ、「こういう方向がいいのかも?」みたいな気付きもいただけました。今後の自作に反映していきたいと思います。遅まきながら、このたびは三作をお読み下さり、ありがとうございます!

    作者からの返信

    熱い熱いコメント、ありがとうございます!
    いや本当に、感想本文よりも長文のコメントをいただいてしまい、こんな拙い感想しか書けずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    史実をなぞりつつエンタメ作品に昇華させる歴史小説、無知故に勝手なことばかり書いたので、ご指摘があればいつでも削除する覚悟でおりましたが、喜んでいただけたようで安堵いたしました。

    慕容沖の報われないエンドは、私は理解も納得もできるなと思いました。人間ならそりゃそうなるよ……辛い切ないやり切れない……(でも同性愛は共感できないごめん)という感じでした。
    虚無的な読後感の小説は何かで読んだ気がします。これもまた小説の終わり方の手法としてはアリだと思っています。万人受けはしないかもしれませんが、私は嫌いじゃないです。きれいごとで終わらない感じがたまりません。

    あれ……王猛さんのイメージが……w

    歴史×ライトノベルは今後増えたらおもしろいなあと思っています。とっかかりやすい上に勉強になる!
    でも題材になるような歴史上の人物は、限られてくるのではないでしょうか。俺TUEEEで天下無双してきた人っていうと……誰?(無知すぎたw)
    歴史の教科書に出てこない俺TUEEE、幅広いターゲット層に受け入れられる可能性があるかも!?
    でも血みどろで人が死ぬので、年齢制限がかかるかもですw

    三国志演義は、そうです、人の多さに挫折しました。私に群像劇は向いてなかったのです……(泣)

    無知な私にいろいろと教えてくださり、大変勉強になりました。ありがとうございます。
    三作の小説、どれもおもしろかったです!

    2020年7月17日 23:54

  • 036「時の迷い路」「天空の標」「恒久…へのコメント

    さくたさん! うわぁありがとうございます。実は嬉し過ぎてちょこちょこと読み進めておりました(もったいなくて好きなものはとっておくのです)。遅くなってしまってごめんなさい!
    後ほど、きちんと(?)愛を叫びに再び参ります! 取り急ぎお礼まで!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    長々と好き勝手に書かせていただきました。拙い感想文ですが、喜んでいただけたのなら嬉しく思います。
    いや〜、上下二段組の紙の本で読みたかったです(笑)
    素敵な物語をありがとうございました!

    2020年6月11日 18:04

  • 042「八千代さんは味にうるさい」「ち…へのコメント

    さくたあずささん、『八千代さんは味にうるさい』『ちょっと身体と喧嘩しまして』のご高覧ありがとうございます。感想ツイートと合わせて嬉しく拝見しました。
    八千代さんはおっしゃる通り得体の知れない存在で、短編に押し込むためにあの手この手で情報圧縮に励みました。キャッチコピーやあらすじ、エピソードタイトルと合わせて面白がっていただけたようでよかったです。
    どちらの短編も、冒頭の掴みとオチには気を遣ったので、言及いただけて本当に嬉しいです。
    丁寧に読んでいただき、ありがとうございました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    ツイートも気づいていただけて嬉しかったです。
    勝手にあれこれ感想を書いてしまってすみません。どちらもぎゅぎゅーっとおもしろさが濃縮されていて、本当に好みでした。
    出だし、冒頭の掴み、そしてオチのつけ方、大変勉強になりました。
    おもしろい物語をありがとうございました!

    2020年5月24日 17:55

  • 040「どりぃむ☆IN☆ドリーム」「暗…へのコメント

    感想ありがとうございます~。
    言われてみて、はっと気づく事実!
    そういえば世間様ではお父さんが戦う、お母さんがサポート、が定番だっけ? と考えるほどにうちの女子強い(笑)。
    恋の行方、こうしてみると、候補より取りみどりですねー。別のルートももうちょっと盛り上げるべきだったかな?

    ギンハル、我ながらぱっとおもいついたにしてはなかなかいいフレーズだと自画自賛です(笑)。
    主人公達がちょうど同い年なので無理せず書けた感じがします。

    それでは、もう一度、感想ありがとうございました!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    どちらもおもしろかったです!

    どりドリはほんとに、女の子たちが強いです。サロメすら、サロモばあちゃんに押され気味でしたからね(笑)
    読了後はスカッとして、ストレス発散になりました。

    ギンハルすごく好きです〜。人生捨てたもんじゃないなと思えます。

    今回もおもしろい物語をありがとうございました!

    2020年5月16日 21:46

  • あらすじは第一印象へのコメント

    あらすじで『どんな文章を書かれる作者さんなのか』かがわかる。確かにそうですよね。SSなんかはあらすじにショートショートですとしか書いてないときとかあるので、改変しなきゃあなあと思います。

    Twitterアカウントまでいらっしゃると聞いて色々と考えさせられました。
    私は結構好き勝手思ったことを呟いてしまうので……ああ、これでさくたあずささんが「合わない」「読まない」と思わなくて良かったなあと、胸をなでおろしました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ショートショートの場合、ジャンルがSFであれば、私はそれだけである程度判断するので、むしろ詳しくあらすじを書くとネタバレになってしまうこともあるし、そのあたりは作者さんの塩梅ですね……。

    あと、先に作品で「読める」作者さんと判断した場合は、ツイッターでどんなことを呟いていても大抵は大丈夫です。
    なのでドストライク詩一さんも、大丈夫ですよ!(笑)

    2020年4月19日 14:27

  • 035「紫煙の勇者と狂った世界」/飛鳥…へのコメント

    ねー。本当にこの作品凄いですよねえ。
    『まおすみ』と同じでファンタジーなのにリアル。で、今まで目を背けてきた部分にフォーカスを当てる。これ。これができる人を私は飛鳥休暇さん意外に知らないので、彼は受賞しなきゃいけないんですよ。
    いま、出版社に足りないのは、飛鳥休暇だ!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    >いま、出版社に足りないのは、飛鳥休暇だ!

    飛鳥休暇さんを見つけるセンスを持つ出版社はどこでしょうね?
    そして本屋さんで「まったく遅いよー! こっちはアマチュア時代から知ってたっつーの!」ってほくそ笑むのが私です(笑)

    2020年4月14日 00:22

  • 035「紫煙の勇者と狂った世界」/飛鳥…へのコメント

    ひゃっほーい!

    ありがとうございます!

    善悪のボーダーはどこなのか、誰が決めるのか、みたいなことを書きたかったんですよね。

    みなさん色々考えてくれて嬉しいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ラストから四つ分の勇者のセリフがまた、心を抉ってきました。
    あまり語るとネタバレになるので、感想本文では敢えてあっさり触れましたが、そこですよね、この物語のテーマは。
    少女の今後がとても気になりますね。
    大変おもしろかったです!

    2020年4月12日 21:51

  • 033「デウスエクスマキナの孤独」/詩…へのコメント

    最初のブラバのくだりがガチで、大切に読んで頂いた上に、大切に感想を書いてくれたんだなあと感動しました。

    『イヤな予感が(めちゃくちゃ期待を)』

    というルビでもヤバかったのに、

    『ダサさ(言っちゃった……)』

    で私の腹筋もイッちゃいました。

    特殊能力者へのツッコミが全部私の欲しかったツッコミでめっちゃくっちゃ満足しています!!


    実はこの作品、一度公募に出すために引っ込めた作品で、もう一度出すか躊躇ったんですよね。2年前の作品なので文章に粗も目立ちますし、なにより投稿当初そんなに反響無かったので(好きと言ってくれる人は居ましたが)。
    でもこうして感想を書いて頂いて、物凄く楽しんで頂けたようで、再UPして良かったなと思いました。

    私はさくたあずささん好みの作品を書く特殊能力を持っているのかも知れませんね。
    「私の名は、ドストライク詩一(マニアックインパクト詩一と迷いましたが、ドストライクの方がダセェ……のでそっちを選びました)」

    改めましてありがとうございました!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    ドストライク詩一さん!!(笑)
    (マニアックインパクトも相当ヤバイ笑)
    好きだと思うと本当にしつこいので、引かれてしまうかもな……、と思っておりましたが、喜んでいただけたようで安心しました。

    三日で三メートルのワープは、一日一メートルではないところが更に効率悪いんだろうなあと、読み返すたびに笑います。
    バックトゥーザ田中さんの名前はもう忘れられません(笑)

    本当に好みドストライクでおもしろかったです。
    この作品を公開していただいて、ありがとうございました!

    2020年3月29日 10:05

  • 029「ボクシング階級分け」/詩一@シ…へのコメント

    うあああ!

    こちらも書いてくださっているとは知りませんでした!
    ありがとうございます!

    私のSSは皮肉になりがちなのですが、その一番皮肉なやつですね(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    はい、実は書いておりました(笑)
    ショートショートを上手にオチに持っていく手腕、いつもお見事だなあと思っています。
    たっぷりの皮肉、ピリッと効いていておもしろかったです。

    2020年3月23日 08:00

  • 031「花の贄」/ふづき詩織さん ※本…へのコメント

    感情に見合った感謝の言葉が見つけられません……!ありがとうございます!

    紹介があまりにも魅力的で、自分で書いた作品にもかかわらず「この作品、面白そう!」などと感じてしまいました。

    作者読み飛ばし推奨の部分も読ませていただきました。ご指摘下さりありがとうございます。確かにあの世界にモニタールームはかなりの異物感ですよね。エルバがあの部屋を見て「タイムスリップ説」を補強するのも有りだったかな……と、今更ながら思いました。

    長い物語をこんなに丁寧に読んでいただき、また素敵なご講評をいただけて、嬉しさのあまり泣きそうです。
    本当に本当に、ありがとうございました…!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    伏線回収の後半については、さらなる長文化とネタバレオンパレードになってしまうので、結局何も書けずにすみません。
    物語が濃密すぎて、語りたい部分がいっぱいありすぎです。

    個人的意見の部分まで読んでいただいて、ありがとうございます。
    出すぎた真似かとも思いましたが、どうしても気になった部分でして……。
    一個人の感想ですので、軽く捉えていただければと思います。申し訳ありません。

    圧倒的筆力にぐいぐい惹き込まれ、怒涛の伏線回収に鳥肌が立ったあとに知るタイトルの意味、本当にお見事としか言えません。
    読み応え最高、読了後の満足度がダントツに高い物語でした。おもしろかったです。

    2020年3月18日 22:39

  • 030「聖願心理はショートショートを書…へのコメント

    ありがとうございます。ありがとうございます。
    さくたさんの感想嬉しいです~!

    今回はエピソードごとにいただいてしまって、にやにやしながら読んでました。
    さくたさんに刺さるものがあって良かったです。
    閻魔様の話は好きだろうなぁと思ってたらその通りでした(あれは踊る戦乙女によせていたので)

    『ひらめき天才タイプはこのクオリティを量産する。ずるい。』
    →褒められてる?!やった!
    ひらめき天才タイプかぁ……。嬉しいです。

    素敵な感想ありがとうございました。
    これは何度も見返しちゃいそうな予感。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    思ったことをつらつら書いちゃいました。好みも見抜かれていたという事実(笑)
    今後も聖願さんワールド全開での更新をお待ちしております。
    ほんと、このセンスずるいですよ!(めっちゃ褒めてます)

    2020年3月7日 17:40

  • 028「半実話あやし奇譚」/烏目浩輔(…へのコメント

    半実話あやし奇譚をご紹介くださってありがとうございます!
    感謝の雨あられです!

    僕も霊感とかはまったくないんですよ。でも、あやしげな話が好きなんですよね。霊感のある人がうらやましいような、あったらあったで大変そうな、って感じです。
    とにかく、ありがとうございます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    >霊感のある人がうらやましいような、あったらあったで大変そうな
    まったく同感です! 他人事だから「こわーい!」と気楽に思えるのかもしれません。

    今後も更新楽しみにしておりますが、ご自身のご安全第一でお願いしますね(笑)

    2020年3月5日 18:40

  • 026「いい靴をあなたへ」/深水千世さんへのコメント

    ありがとうございました!
    あまりの喜びに小躍りしてます。楽しんでいただけて本当よかったー!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    普段の深水さん、あまりミステリなど書くイメージがなかったので、斬新&お見事でさすが‼ でした。
    おもしろかったですー!

    2020年3月1日 17:13

  • 011「ひとりぼっちのソユーズ Fly…へのコメント

    初めまして。僕もソーネチカ好きです。

    作者からの返信

    初めまして。コメントありがとうございます!
    お仲間ですね。ソーネチカ、かわいいし健気で強くて応援したくなるヒロインです。

    2020年2月26日 23:08

  • 024「終末の感情人形《フィーリング・…へのコメント

    ありがとうございますありがとうございます。
    ツイート見て飛んできてしまった(笑)

    あらすじがうますぎます。
    本作に要点をしっかりおさえてある……!
    素敵なあらすじだ(この時点でもう嬉しすぎてニヤニヤしています)

    『SFとファンタジーと童話をふんわりマーブルに混ぜ合わせたような。』
    →そんな感じの世界観狙ってたんです!やったぜ。
    最初に思いついたのが“終末世界”という題材で、色々ごちゃ混ぜしてたら、こんな形になりました。

    素敵な感想ありがとうございました!
    語彙力喪失中なので、これ以上感想残したらおかしくなるので、失礼します。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    感想を書こうと思ったのにいつの間にかあらすじになってしまいました(汗)
    でも、お褒めいただき恐縮です。
    感想の方も、なんかもっと、こう、ね? ふわっと、ぱりっと、聖願さんオンリーワンの不思議な世界観を伝えたかったんですが、語彙力が足りませんでした……。無念。

    2020年2月26日 21:19

  • 019「花と頭蓋」/夏野けいさん ※本…へのコメント

    聖願心理さんに教えていただいて参りました!

    何度読み返しても語彙が回復しないので、お礼だけ申し上げます……。
    丁寧に読んでいただいて、こんなに素敵な感想をくださって、本当にありがとうございます。とても、とても嬉しいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    切ない系は大好きなのですが、何を書いてもこの物語の魅力を削いでしまう気がして、自分の語彙力の無さを恨みました。
    とにかくみんな読んでよおおお! と叫びたいくらいでしたが、感想を書くと決めた以上そうもいかず(笑)、このような形になりました。すみません。好き勝手に書かせていただきました。

    2020年2月23日 20:15

  • 020「ため息代行サービス」/詩一@シ…へのコメント

    ひえー!?
    ご紹介くださりありがとうございます!
    聖願心理さんに教えてもらって飛んできました!

    自分の作品が紹介されているなんて!
    ありがとうございますしか言えない!

    「あなたなら、きっと上手くいく」
    の使い回しは自分でも「上手くっているなこれは」と自画自賛していたので、気に留めてくださって大変嬉しいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    ショートショート、お見事伏線回収、そしてちょっとゾクッとするオチが好きです。

    「あなたなら、きっと上手くいく」

    のセリフを見るたびに、ひえー⁉ 騙されちゃダメだよー! と思いました(笑)
    おもしろかったです!

    2020年2月23日 09:07

  • 018「逃亡した悪役令嬢は隣国で踊る戦…へのコメント

    ぎゃあああああ、ありがとうございますありがとうございます。
    作品紹介が面白すぎて好きです、さすがさくたさんです、ありがとうございます。

    『どるヴァル・エイリー』……いいかもですね。
    悪役令嬢ものなのに、恋愛主軸じゃないのは、ガチの恋愛ものを書くのが苦手という作者の都合ですね(笑)でもそこが割と気に入ってるので、そう言ってもらえると嬉しいです!

    『エイリーを選ぶそのセンスと根性、私は応援してるよ!』
    →その方もきっと喜んでると思います。というか、エイリーのフラグの折り方えげつないですよねぇ(他人事)

    ステキな紹介をしていただきありがとうございました!
    めちゃくちゃ笑いました。
    そして、最後の一文、力になります。頑張ります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    勝手にいろいろ言ってすみません笑 喜んでいただけたのならよかったです。
    ガチの恋愛ものだったら、私は恐らく読めていませんので、このスタイルが私は嬉しいです。おもしろいですから!
    どうかマイペースでの更新をお願いしますね~!

    2020年2月22日 12:55

  • 015「鎮魂一蹴!」/御剣ひかるさん②へのコメント

    このまま紹介文にしたいぐらいの感想、ありがとうございます~。
    ほんと「やんちゃ」じゃすみませんよね(笑)。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    あのシーンは、あああっそんな無茶しちゃって! とハラハラしました。家とバイク燃やしちゃって、後でお兄さんに叱られるんだろうな……と心配になりました(笑)
    おもしろかったです。

    2020年2月19日 23:40

  • 008「ひかりのにわ 掌編集」他/御剣…へのコメント

    感想ありがとうございます~。
    掌編集、もう15万字だったのですね。作者気づいてませんでした(笑)。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    結局、単なる御剣さん紹介みたいになってしまいました……(汗)
    感想らしい感想を書けずに申し訳ありません。

    2020年2月15日 22:02