『千歳』

作者 にのまえ あきら

『死』を数える、147秒の恋の音

  • ★★★ Excellent!!!

静寂な世界。成長するにつれ、いわば『聴覚喪失』してしまう人類は、音を聴くことを辞めてしまうのでした──。

SFとして非常に興味の惹かれる設定。
音を聴くことで自壊する脳に変異した人間が奏でる音楽とはすなわち死への旅であり、本文中の表現を借りるなら「世界一美しい自殺」ともいえる。

そんな中で紐解かれてゆく物語の結末を、ぜひ確かめていただきたい一作でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ヒロタカリュウさんの他のおすすめレビュー 7