アイリーン・F・ウッド

作者 藤原埼玉

その名は冒涜の少女

  • ★★★ Excellent!!!

 少女の肉体に宿ってしまったものが、運命を大きく変えてしまう。そう、運命ですね。少女にほとんど選択肢はなく、本当に「そうせざる」「そうならざる」を得ないまま、あのラストになってしまうのは悲劇であり、皮肉です。
 アイリーンが最後に辿り着いた場所に相対するのは誰なのか? 思わず気になってしまう物語で、面白かったです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

神崎 ひなたさんの他のおすすめレビュー 723