「桜の宮」奇譚 碧落の果て

作者 花田春菜

姉妹と養子の儚くも恐ろしい三角関係

  • ★★★ Excellent!!!

本作の舞台は奈良時代や平安初期の公家を彷彿とさせ、史実に漏れずドロドロとした愛憎と欲望が蠢いています。
愛に狂ったゆえの陰謀と過ち、そして明かされる衝撃の事実、中盤辺りからは序盤の穏やかな展開が嘘のようです。
果たしてその先に待つのは希望か絶望か、古典系の恋愛ものが好きな方には特にお薦めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

削られた。いろいろ削られた。おもに精神とかそういうやつが。

平安を彷彿とさせる世界観ですが、古語満載だったり時代がかった言い回しだったりということはありませんので、どうぞ皆様もお気軽にこの桜の宮へ… 続きを読む

アクリル板Wさんの他のおすすめレビュー 306