「桜の宮」奇譚 碧落の果て

作者 花田春菜

愛は貴族の仕来りを超えられるか

  • ★★★ Excellent!!!

桜の宮という平安貴族をモデルにした架空の宮廷を舞台に、仕来りにより禁じられた愛に苦しむ貴族の男女と、その親族や従者が繰り広げる壮絶な人間ドラマ。

愛のために何を犠牲にできるか。
登場人物それぞれが持つ形の異なる愛。その愛のために彼らは罪を犯し犠牲を払います。全編を通して心臓を握りしめるような展開が続き、貴族の仕来りの窮屈さや一見冷淡で人間性を失ったかに思える周囲の人物たちの行いに歯痒さがつのりますが、目を背けずに最後までお読み頂きたいと思います。押し込められた分、最後に生まれるカタルシスは他では味わうことの出来ない大きな充足感をもたらします。
とても愛に満ちた物語です。
愛とはただ優しいものだけではない事をあらためて実感させられるような、残酷で美しい作品でした。
最大級の賛辞を贈らせて頂き、拙いレビューを締めたいと思います。

才能に嫉妬!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

削られた。いろいろ削られた。おもに精神とかそういうやつが。

平安を彷彿とさせる世界観ですが、古語満載だったり時代がかった言い回しだったりということはありませんので、どうぞ皆様もお気軽にこの桜の宮へ… 続きを読む

.さんの他のおすすめレビュー 563