ふたごのこぎつね

作者 RONME

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全161話

更新

  1. 零の章 少女の夢はふたご色
  2. 起節 冬の輝く夜の出会い
  3. 承節 ここは”けもの”がいる世界
  4. 転節 夢を目指して、君の願いを
  5. 結節 祈りを込めて、キミに名前を
  6. 壱の章 奇妙な双子のゆきまつり
  7. 第一節 旅立つために必要なこと
  8. 第二節 クオ先生の教育実習
  9. 第三節 単純に言えば、妖力切れ
  10. 第四節 お告げの真実
  11. 第五節 ゆきまつりへのお誘い
  12. 第六節 雪像づくりと宣戦布告
  13. 第七節 優勝の鍵は僕の腕!?
  14. 第八節 Let's 威力偵察!
  15. 第九節 はじめてのセルリアン
  16. 第十節 はぐれ子ネズミと美味しい天ぷら
  17. 第十一節 行先不明、雪の森の怪
  18. 第十二節 連携の妙
  19. 第十三節 「ふたご」らしいことがしたいっ!
  20. 第十四節 ゆきまつりの危機
  21. 第十五節 覚悟のおとり捜査
  22. 第十六節 道具泥棒の根城にて
  23. 第十七節 騒動の終わり
  24. 第十八節 占い屋での一幕
  25. 第十九節 ふたごのゆきまつり
  26. 第二十節 旅立つ日
  27. 『Your Eyes On The Stars』
  28. 弐の章 射手駆け抜けて、空貫いて
  29. 第二十一節 ふたごの旅の第一歩
  30. 第二十二節 クオ先生の課外授業
  31. 第二十三節 ようこそホートク、正義の風と
  32. 第二十四節 後の祭りと特別飛行
  33. 第二十五節 山のてっぺんに乗った夢
  34. 第二十六節 旅人同士は一期一会
  35. 第二十七節 ソウジュ、そらをとぶ!
  36. 第二十八節 噂、探偵、怪奇談。
  37. 第二十九節 最強にストロンガーでクールなの
  38. 第三十節 アングレイな夜に
  39. 第三十一節 未知を探して滝の中
  40. 第三十二節 弓使いのフレンズ
  41. 第三十三節 弓術実習、特別講師を添えて。
  42. 第三十四節 モノクロ白黒コマの色。
  43. 第三十五節 急募、狐ノ護衛求ム
  44. 第三十六節 空をひゅーんと、ひとっ飛び
  45. 第三十七節 黒の躍動
  46. 第三十八節 山さえ靡け
  47. 第三十九節 空を抜く射手
  48. 第四十節 さらばホートク
  49. 『Just Call My Name』
  50. 参の章 蠍の眠る水瓶の泉
  51. 第四十一節 砂漠の旅人
  52. 第四十二節 夜の市場の片隅で
  53. 第四十三節 聞き込みは買い食いから始まると覚えよ
  54. 第四十四節 ハンター(元ハンター)の秘密
  55. 第四十五節 さすらいの毒……薬師さん
  56. 第四十六節 酔い止めの実を求めて
  57. 第四十七節 棄てられた工房
  58. 第四十八節 毒を統べる少女
  59. 第四十九節 情報料はこれ一本
  60. 第五十節 月夜にお店に連れてかれ
  61. 第五十一節 気が休まらない気がする
  62. 第五十二節 秘密のオアシスへの来訪(二回目)
  63. 第五十三節 水瓶を掲げ、砂漠に恵みを
  64. 第五十四節 九つ首の海蛇
  65. 第五十五節 狩り人の夢は遠く
  66. 第五十六節 独断による毒談義。
  67. 第五十七節 アイスクリーム頭痛は頭を冷やさない
  68. 第五十八節 砂漠を襲う大災
  69. 第五十九節 オリオンという名の巨人
  70. 第六十節 川に襲われ、蛇に襲われ
  71. 第六十一節 凍る砂漠と巨大蛇
  72. 第六十二節 酔いどれクオと雨宿り
  73. 『A to B, Dot to Dot』
  74. 星の輝きの記録 Vol.1
  75. 肆の章 都会の迷宮、牡牛の魔物
  76. 第六十三節 おいでませ、カントー
  77. 第六十四節 五里霧中のキッチン
  78. 第六十五節 マーケットには何でもあるよ、もちろんセルリアンも!
  79. 第六十六節 星絵でつながる点と点
  80. 第六十七節 星に代わってお説教
  81. 第六十八節 そうは問屋が卸さないから
  82. 第六十九節 マッドなドクター、彼女の名前は。
  83. 第七十節 欲望、輝き、純粋な。
  84. 第七十一節 貰い物に危ない薬が多すぎる
  85. 第七十二節 きつね色の…
  86. 第七十三節 今日は楽しい迷宮入り
  87. 第七十四節 後先消えゆく千変万化
  88. 第七十五節 聢と、逃げられない。
  89. 第七十六節 他ならぬアナタを鏡写しに致しましょう
  90. 第七十七節 過去と狐と大きな力
  91. 第七十八節 星と心を通わせて
  92. 第七十九節 狐憑きの神樂
  93. 第八十節 世界は壊れた鏡のように
  94. 第八十一節 迷宮の牡牛、最深部にて
  95. 『Blink Signal』
  96. 星の輝きの記録 Vol.2
  97. 伍の章 今こそ天秤を傾ける時
  98. 第八十二節 いざ、戦場たるその場所へ
  99. 第八十三節 隠密行動
  100. 第八十四節 シンメトリーな調停者
  101. 第八十五節 交戦開始
  102. 第八十六節 月を削りて、陽を築く
  103. 第八十七節 骸の竜と来訪者
  104. 第八十八節 天秤にかけて
  105. 第八十九節 何処までも深い、骨の腐海
  106. 第九十節 粉骨砕身の竜殺し
  107. 第九十一節 聖域再構築
  108. 第九十二節 斯くあるべき邂逅、そして
  109. 第九十三節 暗夜の明けた後
  110. 第九十四節 図書館ではお静かに
  111. 第九十五節 『鏡』の話
  112. 第九十六節 本棚の上で跳ばないで
  113. 第九十七節 裏側を映すウラニア
  114. 第九十八節 「着るだけ」と菓子、しかと気だるき
  115. 第九十九節 小悪魔キツネに気を付けて
  116. 第百節 悪魔の甘味を求め魑魅魍魎が闊歩する鮮血の紅葉降る季節の宴
  117. 第百一節 ソウジュくんはかわいいっ!
  118. 幕間 キュウビの本格妖術講座
  119. 『Still in My Memory』
  120. 星の輝きの記録 Vol.3-1
  121. 星の輝きの記録 Vol.3-2
  122. 幻の章 蛇遣いと継ぎ接ぎの悪魔
  123. プロローグ
  124. 第1話 ナカベ行き、リクホク経由
  125. 第2話 霧と馴鹿
  126. 第3話 幻のパーク職員さん
  127. 第4話 明日にかけて、蛇が出ます
  128. 第5話 藪を突くと、セルリアン
  129. 第6話 悪戯好きなあの子は……えぇと…
  130. 第7話 幻想をまぜこぜにして
  131. 第8話 ルティとあそぼ
  132. 第9話 罅の終わりを告げる音
  133. 第10話 決壊
  134. 第11話 拒絶する声、抱き締める腕。
  135. 第12話 「保護者」と「友達」
  136. 第13話 大蜘蛛の厄
  137. 第14話 蛇遣いと蛇
  138. 第15話 これはエピローグでしばしの別れ
  139. 『幻の輝きの記録 第一頁』
  140. 『幻の輝きの記録 第二頁』
  141. 陸の章 乙女は星のお姫さま
  142. 第百二節 久しき語らい
  143. 第百三節 瑞々しい青色と、頬を染めた桃色
  144. 第百四節 ふわふわした、平和だったもののような
  145. 第百五節 「お礼」の意味を考えさせられる一日
  146. 第百六節 食べ物よりも恐ろしい恨みが存在するのか否かについて
  147. 第百七節 フレンズを驚かせる方法が任意の自然数個ほど欲しい
  148. 第百八節 湖に怪異の奏者あり
  149. 第百九節 θの律動
  150. 第百十節 助けを呼んでほしい
  151. 第百十一節 予定調和と想定外
  152. 第百十二節 木を隠すには森の中。ならば異変を隠すには。
  153. 第百十三節 愛に由る一切の茶番
  154. 第百十四節 お姫さまの勅令
  155. 第百十五節 我々と契約せよ
  156. 第百十六節 行かせない
  157. 第百十七節 対の星、ついに裂かれて
  158. 第百十八節 内なる声との邂逅
  159. 第百十九節 耳も尻尾も無くなった!
  160. 『Quo Vadis?』
  161. 星の輝きの記録 Vol.4
  162. 柒の章 獅子身中より逃げよ山羊
  163. 第百二十節 狐と歩く一人旅
  164. 第百二十一節 尾っぽが欲しくば狸を探せ
  165. 第百二十二節 食えない賢者
  166. 第百二十三節 一葉落ちて化かし合い、それに火を点けて果し合い
  167. 第百二十四節 旧友の交と交換条件
  168. 第百二十五節 逃げる山羊さんとその生贄
  169. 第百二十六節 悪食の獅子が吼えた訳
  170. 第百二十七節 飯を囮にお縄を頂戴