踊る。ただそれだけが彼女の――

 洗練された文書力もさながら、最後の結末はまさに「生き様」を体現するようでエモーショナルでした。研ぎ澄まされた刃のごとく真っすぐな彼女の人生、天才という存在の意味を考えさせられる作品でした。

その他のおすすめレビュー

神崎 ひなたさんの他のおすすめレビュー888