存在を許されない美の極致

何かを極めるということは、その分他の何かを犠牲にしていると言うことなのだろうか?

或いは彼女からしたら、己の生すら取るに足らない些末な問題なのかも知れなかった?

彼女は生きていたけれど、既にこの世には居られなかった人間なのかも知れない。それほどまでに彼女は「純粋」過ぎた。

生きるとは何か、誰しもが抱える一大命題を考えるとき、この作品を読むのも良いかもしれない。

その他のおすすめレビュー

緋那真意さんの他のおすすめレビュー201