試作詩集

作者 和泉茉樹

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全366話

更新

  1. あなたに捧げる最初の言葉として
  2. 果実が熟れて
  3. 終わりのチャイム
  4. 虹がかかる夢
  5. 背中
  6. 花が咲く
  7. スケッチ
  8. 雪が降る夜に
  9. 笑い声の影
  10. 扉が開く時
  11. 柔らかい日差し
  12. 海が引いて
  13. 沈んでいく泡
  14. 怒りを忘れるな
  15. 置き去り
  16. 箱の中に残るもの
  17. 冷たい紅茶の苦味
  18. 紅葉
  19. 秋風
  20. 機械仕掛けの誓い
  21. 理解
  22. 独立した言葉
  23. 虚構幻聴
  24. 呼吸を止めても
  25. 見透かす
  26. 塗り替えろ
  27. 名前も知らない
  28. 優しい世界
  29. どこにもいない
  30. 手応えのない勝利
  31. 空回り
  32. 水玉模様の恋
  33. 詩人の悲劇
  34. 砂場
  35. 草原
  36. 電車が光を引く
  37. 足音
  38. 激しい鼓動の代替
  39. 情景という騙し絵
  40. 駆け去る
  41. 戻らない時間
  42. ありもしない安らぎ
  43. 思考停止
  44. 鉄の掟
  45. 呼吸
  46. 理解と協調という不和
  47. 強制
  48. 不都合な人間として
  49. 仲間
  50. 二度目の翼
  51. 孤独の繭
  52. 物理的距離の攻勢
  53. 祝福の光
  54. あなたがいたから
  55. 自由と闇
  56. 歌を集めて
  57. カチムシ
  58. 嘆くこと
  59. 不在
  60. 形だけの救い
  61. 言葉を閉ざす
  62. 雫が落ちる音
  63. 支配者
  64. 理由の拒絶
  65. 遠くを見る目
  66. 時間を超えて
  67. 一手違い
  68. 賭け事
  69. 終わらない挫折
  70. 価値
  71. 圧殺される一人
  72. 不存在証明
  73. 耳を失う
  74. 差し引きゼロ
  75. 弱い音
  76. 二度と出会えない
  77. 坂を登る
  78. ひと夜の祭り
  79. 表現技法
  80. 知らない嘘
  81. 泥のような
  82. 春が見えない
  83. やり直せないこと
  84. 光が見えた時
  85. 地獄の味
  86. 幸運が離れる時
  87. 矛盾する願望
  88. 運命なんて二人にはなかった
  89. それじゃない
  90. 走り出さなくても
  91. 世界で一番の
  92. 天地
  93. 悲嘆の園
  94. 終わらない日々
  95. 願い事は叶えない
  96. 記憶の中の花火
  97. 神様の手違い
  98. カンバス
  99. 呼ばれている
  100. 取り返しのつかない言葉というもの
  101. もう幸せになんてなれない
  102. 舞を踊るように
  103. 十秒
  104. 誰も知らない言葉
  105. 金魚
  106. 平凡さというスタイル
  107. 吐き出し続ければ
  108. 初めて耳にする言葉
  109. 自分が認められない自分
  110. 支配者
  111. ろうそくの火
  112. 代役はいない
  113. 海原の果てへ
  114. 小雨の中で
  115. 相対の孤独
  116. 終わりの誘惑
  117. 犬の日常
  118. 温もり
  119. 百里を駆けろ
  120. 掛け算
  121. 水面
  122. 見えない姿
  123. 眩しさの代償なんて
  124. 自己満足
  125. 笑うしかない
  126. さあ、やっつけよう
  127. 落第という安寧
  128. 会いたくて、とは言えなくて
  129. 林檎という虚構
  130. 雑音の効能
  131. 望んだ傷
  132. 迫り来るもの
  133. 見知らぬ街で
  134. 間違いを恐れない
  135. 開かれた社会
  136. 窓の光
  137. 読まれない手紙
  138. 妥協
  139. 自由な心で
  140. 鳥の視点
  141. 羽を持つ人
  142. 夢を捨てなさい
  143. 疲労と痛み
  144. 心から滑り落ちる音楽
  145. 名も無き花を手折る
  146. むかしむかし
  147. 一番重い
  148. すり替え
  149. 終着
  150. 輝度
  151. サーカス
  152. よこやり
  153. 交差点
  154. 仮想の命
  155. 他人との関わり
  156. 日陰
  157. 噂の世界
  158. 突き上げろ!
  159. 隣の人
  160. 誰も語るな
  161. 善人という落ち度
  162. 自主的隔離
  163. どこへも辿り着かない道筋
  164. 不信という拷問
  165. 張り詰めた糸
  166. 未練という生き方
  167. 日差しの力
  168. 立ってはいない
  169. 見知らぬ作法
  170. 飛んでくる石
  171. ボールを回す
  172. 沈黙を破れ
  173. 知らなければ
  174. 身元不明の街路
  175. 輪郭と縁のない影たち
  176. 天という誰か
  177. 忘れられるという救済
  178. 頭の中のアイドル
  179. 忘れ去られた過去
  180. 美しさという不死
  181. 屍蝋
  182. 英雄という偶像
  183. 一個の価値
  184. 優しさが仇になる
  185. 気概
  186. 咲かない花
  187. 目的不明のプロパガンダ
  188. 勝ち抜けの後で
  189. 生意気
  190. 傷つける人間への供物
  191. 失われる祝福
  192. 砂漠
  193. 儚い人へ
  194. それでは一席
  195. 空白という恐怖
  196. 平板な文章
  197. どっちを向いても
  198. 海の向こう
  199. まるで演目
  200. 密やかな毒
  201. 形のない理由
  202. 革命の戦士として
  203. 無価値な人間の叫び
  204. 誰よりもそばにいる他人たち
  205. 誰もいない街
  206. 統一された観念
  207. 絶対統制
  208. 声を上げるものを選ぶ声は上がらない
  209. 行方不明
  210. 長く長く
  211. 沸騰と絶対零度
  212. 叶わないことを知っている
  213. 息をするのも億劫な
  214. 感情を奪うという罰
  215. 理解者という処刑人
  216. ありふれた愛情
  217. 真偽の仕分け
  218. 刺激のない生活
  219. 温もりという勘違い
  220. 泡立つ空気
  221. 味のしない料理
  222. 崇高なる伝統
  223. 慣れることと錯覚
  224. 無個性な人生
  225. 遅く走る
  226. 象徴を失うとしても
  227. 鉄火場
  228. 明察
  229. 素晴らしく下らない人生
  230. 創作という死に様
  231. 多重人格のあの子
  232. 言葉が失われた時の対処法
  233. 季節外れのメッセージ
  234. 存在しない別れの言葉
  235. 穏やかな喪失
  236. 地図のない世界
  237. 逆さまの夜空
  238. 神代
  239. 共感
  240. 押し付けがましい幸福
  241. 青春の終わりと始まり
  242. 夜の都市で
  243. 遅く走ることはできる
  244. 無言の奥で
  245. 集団という書き割り
  246. 失われたステージ
  247. 花が咲く季節
  248. 朝の空気
  249. 列を乱せ!
  250. 元気のある声
  251. 知らない声と知らない名前
  252. 月は近いか遠いのか
  253. 猫みたい
  254. 都合のいいストーリー
  255. 歓迎されるスキャンダル
  256. 美味いを挙げるより
  257. 今に続く坂道
  258. 冷ややかな視線
  259. 野蛮の美学
  260. 空洞化した心
  261. 始まらない終わり
  262. 言葉という道具
  263. 自己努力の放棄
  264. 甘味の愉悦
  265. 人が消えた街
  266. 遊び
  267. 神話を騙ろう
  268. 野原で
  269. 図書館のどこかで
  270. 味覚の季節
  271. 獲物だけ
  272. 頭の中にある悪意
  273. 明けない夜という監獄
  274. 時を遡ること
  275. ここにいる
  276. 時間差の感覚
  277. 勝ち逃げの鉄則
  278. 遠く見えるあの景色
  279. 夢を託す
  280. 他人任せ
  281. 隣のこの子
  282. 風の調べ
  283. ビートとリズム
  284. 笑わない人
  285. 秘密を暴け
  286. 心が震えた記憶
  287. 一人だけの世界の無限の可能性
  288. あなたがいてくれたから
  289. 価値観の融解
  290. 浮上
  291. 倒れ込んだ日に見たもの
  292. 細い明かりこそ
  293. 静かな夜の時間は
  294. 雨の中で
  295. 大声
  296. 魚たちの眠り
  297. ガラクタばかりの空間
  298. 枯れ枝の美学
  299. 死者にできること
  300. 再会する予感
  301. フラッシュバック
  302. 終わらない夢
  303. 瞬間の風
  304. 笑い
  305. 怪物たちの住むところ
  306. 踊り狂え
  307. 失くした優しさを探して
  308. 限定された時間
  309. 夢を語ったとして
  310. 出会えない人たち
  311. 空が青い午後に
  312. 消えるもの
  313. 記憶から消えない一日
  314. 誰も知らない現実
  315. 影の中
  316. 花が咲く時より
  317. 取り違えられた言葉
  318. 天に替わりて
  319. 頼りきった倫理
  320. 誰にも知られない曲
  321. 受け継がれる種子
  322. 黙れというあなたの正義は
  323. 距離が消えていく社会
  324. 生者のエゴ
  325. 六弦と両手
  326. 自分の後の時間
  327. 弱者はどこにいる?
  328. 審判を下す人たち
  329. 命の価値という残酷な真実
  330. 知らないことを教えてもらえるという錯覚
  331. 無自覚の無知
  332. 生ぬるい通報
  333. 評価
  334. 命の重さ
  335. 隠れていた才能
  336. 空想の中の憎悪
  337. 脱力と焦燥
  338. 誰もがいるが誰もいない場所
  339. 諦めないという苦行
  340. 長い夜を過ごして
  341. 耳に馴染む音
  342. 不自然なほどの自然
  343. あなたの中の忘却
  344. 意味のない生
  345. いてもいなくても
  346. 明るい未来なんていらない
  347. 人間を使った遊び
  348. 乗り越える困難
  349. 世界からの消滅
  350. 言葉を口にする病
  351. 何も言えないのは弱さか?
  352. 過去の世界で
  353. 知らなかった悲しみ
  354. 口にできない本音
  355. 白い息
  356. 浮き足立った心を見て
  357. 迷う鳥
  358. 過ぎ去った時代の花たち
  359. あなたに捧げる再会の言葉として