幸せの青い鳥

作者 こむらさき

誠実に張られた伏線

  • ★★★ Excellent!!!

 誠実に張られた伏線と言っておいてなんですが、私が勝手に伏線だと思っているだけのことなんですが、時谷さんの好意の形がしっかりと一貫しているんですね。
 一見すると話の主軸として鳥にフォーカスがあたっているんですが、これは語り手である佳織さんの視点だからで、時谷さんの視点ではまず佳織さんありきなんですよ。
 二話目後半で明かされる、時谷の理由をしっかりと覚えた上で冒頭の飲み会シーンを見るとですね。第一声が「あ、~」から始まるのでまず最初にあるのは時谷さんが佳織さんを眺めているという前提なんですよ。しっかりと隅っこの席に座ってと書いてあるので、時谷さんの視線の先には佳織さんしかいない。なんでしげしげと見ていたかという理由が、先ほど挙げた二話目後半の話なわけですね。
 ぐっと妄想をたくましくすると、時谷さんは超絶な美形なので、彼の前にこれまで現れた女性というのは、まず取り繕う、良いところを見せようとする、お行儀よくしようとするバイアスがとても高かったと思われるわけです。そこに、時谷さんの好みの女性のタイプという話と絶望的なすれ違いが発生する。
 そういう前提があった上で(前提があったと私には思えたという話です)、この物語は始まるんですね。
 丁寧な話運びでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佐藤ぶそあさんの他のおすすめレビュー 145