サラマンドラ航空郵便社

作者 ささはらゆき

ミリタリーとストーリーが両立する希少な作品

  • ★★★ Excellent!!!

第一前提として、ミリタリー小説はストーリー性が薄いものが多い傾向にあります。

兵器の性能を描写する為に、取ってつけたようなストーリーなど……当然、これはこれで良い作品でもあったりするのですが。

逆に、読者を惹きつけるためだけに、無理やり取ってつけたような兵器描写も同様に。

しかし、この作品は両立しています。
想いを届ける郵便屋としてのストーリー。
そして、繊細な戦闘機描写。

間違いなく、面白い作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@flanked1911さんの他のおすすめレビュー 11