異世界で王子の暗殺頼まれました

作者 櫻井彰斗(菱沼あゆ)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全44話

更新

  1. 呑んだくれて、目を覚ましたら、ムカつく顔の王子に出会いました
  2. というわけでって、どういうわけですか?
  3. そんな服、何処で買ってきたのよ?
  4. 口きくなよ、一言もきくなよ
  5. 気づかれないようにやれよ
  6. 普通、見違えたな、とか言いませんかね?
  7. ホテルか牢獄みたいだな
  8. 王子、ちょっとやりますか?
  9. お前が一番、イカサマしそうなんだが……
  10. 莫迦となんとかは高いところに上りたがるって、この国でも言いますか?
  11. いやー、テンキーの早打ちくらいしか
  12. なんだ、生きてるじゃないか
  13. 頭でも打っているのか、お前は
  14. どうだ? やるか?
  15. 今、刺すべきだっ!
  16. この娘は、私からの貢ぎ物です
  17. その顔でそのセリフは禁句です
  18. 王宮の秘密
  19. ……昇格させてしまいました
  20. お前、火炙りにするぞ
  21. はいっ、喜んでっ!
  22. 悪魔の棲家
  23. 眠りの森の悪魔
  24. ……まず、そこからかっ!
  25. 人の世というのは儚いな……
  26. ぶっすり刺さっていますわね
  27. 私は男は信じません
  28. 大きな桃がドンブラコー ドンブラコ
  29. ……なくもないな
  30. ほほほほほほほ
  31. 猛烈に好みだったとか?
  32. よくわからない娘だな
  33. ついに、なにかあったのだろうか……?
  34. 真実を話しましょう
  35. 商売なのか?
  36. 眠れる森の王子
  37. ……帰って来てしまいました
  38. では、どうぞ、ごゆっくり
  39. ちょっとマヌケな感じにしてもらえませんか?
  40. スミマセン……放してクダサイ……
  41. 今、まさに現実逃避したいんだが……
  42. えーと。じゃこ天とー、めざしでお願いしますー
  43. お前、年寄りをうやまおうという気はないのか
  44. ……呪ってるんじゃないだろうな