普通、見違えたな、とか言いませんかね?

 

「あれはなにをやっているのです?」


 真横でした声にシリオが振り返ると、いつの間にかエリザベートが立っていた。


「……お座りになりませんか?」

と先程まで、未悠が座っていた椅子を勧めたが、


「いえ、結構」

と前を見たまま言われる。


 どうやら、エリザベートも自分と同じに未悠を観察しているようだった。


 未悠は壁沿いに移動していた。


 周囲を窺いつつ、隙を見て、手にしていた扇を少し広げ、壁に掛けられている燭台の火を扇いでいる。


 加減によっては、より火が強く長くなり、ひっ、と身をすくめる様も面白い。


 笑いながらシリオは言った。


莫迦ばかでしょう?

 なんだか莫迦すぎて、可愛くなってきましたよ」


 自分でやれと言っておいて、未悠が聞いたら、怒り出しそうなことを言う。


「まあ、珍しい、シリオ様がそんなことをおっしゃるなんて」

と言うエリザベートに、


「エリザベート様こそ、お珍しい。

 妃候補の娘にドレスを貸してやるだなんて」

とシリオは言った。


 実は、王子の妃選びのために娘たちを集めたのは、これが初めてではない。


 そのたび、エリザベートが娘たちの世話というか見張りをしてきたのだが、未悠にしたように、ドレスや髪飾りを貸してやるなどということは今までなかった。


「王子の前でご無礼があっては困りますからね。

 おや」

とエリザベートはなにかに目を留め、声を上げる。


 どうやら自分たち以外にも、未悠の動きを見つめていた者が居たらしい。


 彼は椅子から立ち上がり、下へと下りていった。


 それを見ていたシリオは、

「音楽を」

と呟くように言う。


 エリザベートはすぐにわかったようで、楽団に言ってワルツを演奏させていた。


 彼が動いたことにより、一瞬それかけたみんなの視線が、また、すぐ近くの手頃なパートナーの方を向く。





 ん?

 なにやら、ワルツが。


 またダンスか。


 好きだな、此処の人たち。


 しめしめ、今だっ、とばかりに近くの燭台の下に行き、未悠が火を吹き消そうとしたとき、


「なにをしている、OL」

と声がした。


 少し違うが、やはり似ている、嫌な声だ。


 耳に甘く響く嫌な声。


 未悠は振り返り、アドルフに言った。


「……火を消そうかと」


 誤魔化しようもない動作を既にしていたからだ。


 そんな未悠の言葉に、アドルフは、

「……手伝おう」

と言ってきた。


 嫌なんだな、この人も、パーティが……。


 二人で話すフリをしながら、隙を見て、高い位置にある燭台の火を消そうとする。


 ずっとこちらを見ている人間が居たら、さぞかし間抜けに見えるだろうな、と思っていると、王子が、

「OL、こんなところでなにをしている」

と訊いてきた。


「それがその、酒場で働いていたら、シリオ様にスカウトされまして」

と言うと、


「お前は私の妃になりたいのか」

とアドルフは真っ直ぐにこちらを見て訊いてくる。


「な、なりたいわけないじゃないですか」


 思わず動揺しながらそう言ったあとで、

「でも、貴方には会いたかったんです」

と答える。


 いや、単に帰るきっかけを探してのことだが。


「ところで、よく私だとわかりましたね」

とアドルフに言うと、彼は、


「何故、わからないと思う」

と不思議そうに訊いてくる。


「……こんなにドレスアップしてるのに。

 普通、見違えたな、とか言いませんかね?」

と不満をもらすと、彼はマジマジとこちらを見たあとで、


「初めて会ったときと、何処も違わないと思うが」

と言ってきた。


「もう帰ってください」

と拗ねて、つい言うと、アドルフは、


「此処は私の城だ、莫迦者」

と言ったあとで、ふと、なにかを考えるような顔をし、


「まあ……いつまで此処に居られるかはわからないがな」

と呟いていた。




「あら、あの子。

 いつの間にか王子と居るじゃない。


 あれ、誰なの?

 アデリナ、あんたさっき話してたわよね?」


 同じく公爵家の娘、シーラがいきなり話しかけてきた。


 シーラは、幼なじみでもある。

 小柄で可愛らしいが、性格はなかなかで、……なかなかだ。


「知らないわ。

 暇だったから、ちょっと話しただけ」

とアデリナは適当に流した。


 貴女が王子が移動したのに気づかなかったのは、他の殿方と夢中で話してたからでしょ、と思っていた。


 この間、うちで一緒に刺繍してたとき、絶対、王子妃になるとか言ってた気がするんだが……。


 アデリナたちが見たのは、ちょうど未悠たちが蝋燭の火を消す作業に疲れ、二人で語らっていたときだった。


 遠目に見れば、和やかにも見える二人の様子を見ながら、シーラは、ふん、と鼻を鳴らす。


「王子妃は顔でなれるほど甘くないわよ」


 いやあ、家柄でなれるほど甘くもないけどね、と思ったが言わなかった。


 めんどくさいことにならないうちに、とアデリナはぽんぽん、とシーラの肩を叩く。


「あっち、シーラの好きなラズベリーのタルトがあったわよ」


 あら、そう、と基本、素直なシーラはあっさり扇で示した方を向く。


 タルトのあるテーブルに向かう途中、シーラはもう、今、王子の話をしていたことも忘れたかのように言い出した。


「あっ、ねえ、シリオ様よ。

 格好いいわよね、シリオ様。


 あっ、バーティン伯爵よ。

 この間、湖の近くでパーティをやったときに呼んでいただいたの。

 格好いいわよね。


 あっ、アリオス様よ……」


 延々と格好いいわよね、という言葉で話をつないでいくシーラを見ながら、幸せな人だな、と思っていた。


 そんなに誰も彼も格好よく見えるのなら、誰でもいいことだろう。


 王子でなくとも――。


 振り返ると、何故かアドルフと未悠は後ろ向きになって、なにかやっている。


 ……なんなんだろうな、あの二人。


 妙に息が合っているようだが、と思いながら、アデリナはそれを眺めていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます