花と頭蓋

作者 夏野けい

書き、生む、物書きの業と言葉の凄み

  • ★★★ Excellent!!!

 小説に限らず、なにかを創り、表現するというのはこういうことなのだろうと、理屈ではないところで納得させられる。レビューであれこれ書くことをためらわせるくらいの凄みがある物語。

 まずは本編を読んでみてほしい。書き、生む、物書きの業と言葉の凄み。ラストの余韻が深く胸に届きます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

野々ちえさんの他のおすすめレビュー 777