花と頭蓋

作者 夏野けい

死を扱いながらも陳腐ではなく、完成度の高い文章が散りばめられた傑作。

  • ★★★ Excellent!!!

コメント欄で語彙を失いました。上手すぎる。
しかも技巧に溺れず、ぐいぐい読ませる構成力。素晴らしい。
視覚的にも鮮やか、心理描写も完璧。

印象的なフレーズはいくつもありますが、一つ上げるならこれかな。
はっとしました。

>統一感のない家々に紛れるように、入り口の小さな喫茶店があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

オレンジ11さんの他のおすすめレビュー 655