勇者パーティから略奪をうけた村人Aは地道な暗殺者となってヤツを殺す ~転生チートvs6人の暗殺者

作者 松葉たけのこ

暗殺には色彩がある

  • ★★★ Excellent!!!

本作は異世界転生した勇者による世界を舞台にして、その非道な行為に家族や故郷を奪われた暗殺者の物語です。
本物の勇者を始めとして、その仲間や子孫たちが幅を利かせる中、孤児となった主人公は闇の中で培った技術により、暗殺稼業に身をやつしていました。
そして、ついに訪れた勇者暗殺の依頼により、綿密に計画を立てようとするのですが、その先には数々のトラブルと色に因んだ同業者たちが現れるのでした。

主人公の生い立ちや作品のテーマが復讐譚であることから、全体的に重めで時に生々しい描写もありますが、文章は緻密でキャラクターの心理や戦闘が巧みに表現されており、ダークファンタジーが好きな方には特にお薦めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

アクリル板Wさんの他のおすすめレビュー 295