万分の一の確率でパートナーが見つかるって、そんな事あるのか?

作者 Gai

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全530話

更新

  1. もう少し人生を楽しみたいんで
  2. さて、先ずは目標を決めたいな
  3. 当たり前が出来なければ、他を極めればいい
  4. 三つ以外に何かあるみたいだな
  5. 増えた手札
  6. 懲りない奴
  7. それでいいのか?
  8. 変わらず阿保
  9. 俺に利が無いからな
  10. ・・・・・・弱
  11. ぶらっと
  12. 将来何に成りたいか
  13. 可能性
  14. 一緒に
  15. 危険を犯さず
  16. 丁度良い
  17. 仕方がない
  18. 父さんの実力
  19. 早熟
  20. 圧倒的・・・・・・なバカ
  21. 違い過ぎる
  22. ザ・職人
  23. しょうがないな
  24. 多少変わっても
  25. 余裕
  26. 攻撃だけでなく
  27. 兎に角ヤバい
  28. 取りあえず飯
  29. 目が合う
  30. こっちに来んな
  31. 目立つ一家の異端児
  32. そんな可能性・・・・・・万に一つあり得ないな
  33. 飯は美味しかった
  34. ラガスがいないメリルの一日
  35. 仕事が終わったら
  36. 二人での挑戦
  37. 見境ない
  38. 直線的過ぎる
  39. 強くても考え無しでは
  40. 遥か先にある背中を追いかけて
  41. 父との雑談
  42. 面倒な未来が見える
  43. それは貴族令嬢と呼べるのか?
  44. ソフトに対応
  45. まだまだ子供
  46. 小さい頃は好きだった
  47. まずは温めよう
  48. 武器の素材
  49. 雪遊び
  50. その少しの差が
  51. それは見てみたい
  52. 世話係
  53. 出ないったら出ない
  54. 油断禁物
  55. 食後の運動
  56. 王都程でなくとも
  57. 勿論興味がある
  58. 退屈
  59. 善意・・・・・・では無いな
  60. 助けは必要ない
  61. どんな気分だ?
  62. 無いとは言い切れない
  63. 魔法の素質は
  64. だれかれ構わずでなく
  65. 解っていらっしゃる
  66. 攻撃の軸
  67. 考えの違い
  68. 万能では無い
  69. 十分武器になる
  70. ・・・・・・なんでこんな大物が
  71. それなら話は変わる
  72. 今の方がより貴族らしいだろ
  73. 気合い
  74. それがあって変わらない
  75. 騎士らしい顔
  76. 会話は突然に
  77. 伊達メガネって感じか
  78. トラウマもの
  79. 良い感じに変わった
  80. 何があったのかは分からないが
  81. チリチリ
  82. 決勝戦
  83. 勝って当然の相手
  84. とりあえずおめでとう
  85. 未来の敵に南無
  86. 興味があるにはある。だが無理だ
  87. 予感的中?
  88. 普通は裂けるよな?
  89. 危ないエグイ
  90. なんとか成功
  91. 出会い頭に
  92. 本気ではないが容赦ない
  93. 時間を掛けるつもりは無い
  94. 初聞きのモンスター
  95. 浪漫のある言葉
  96. 自分と同じように
  97. そんな大した事は無い
  98. 完全にチート・・・・・・って訳では無い
  99. ブレを無くして
  100. あまり知らなかった
  101. どこかで出会う縁を楽しみに
  102. どっちも目立つか?
  103. 二つの匂い
  104. 欲しいけど高い筈
  105. 知識が足りない
  106. 遅いけど面倒
  107. 残りを気にせず
  108. 盛り方
  109. 気前良すぎる
  110. 周りは良識人
  111. 男の第二の命、大切に
  112. 経験がほぼ皆無
  113. 兄からの朗報
  114. 力を入れている部分
  115. 訳アリでは無い筈
  116. 今後に必要だな
  117. 興味も、期待もない
  118. その間に
  119. いつの間にか
  120. それを得て超えれば
  121. 爵位が同じくらいなら
  122. 前はいなかった
  123. モフモフしたくなるよな
  124. しっかりと寝れば問題無い
  125. ラガスだから可笑しくない
  126. そこが貴族にとって分岐点
  127. 使えずとも傑物
  128. やっぱり最初はキツイ
  129. やっぱり強い
  130. んーー・・・・・・残念
  131. 派手に散る・・・・・・・では無く吹っ飛ぶ
  132. 心が納得できない
  133. 人の本質
  134. 渡す物
  135. 報告
  136. 向上心が高いのは良い事
  137. ちょっと贅沢に
  138. どう動かすか解る。
  139. 頼るのは悪い事じゃない
  140. ミスは許されない
  141. 素材を活かすには
  142. 寝た気がしない
  143. 応用した結果
  144. 鬼に悪魔と言われたくない
  145. いえいえ、興味では無く好意です
  146. 解らなくて当然
  147. 普通は愚策
  148. 令嬢コワ
  149. 兄姉という存在
  150. 増えた未来の面倒事
  151. ハンター生活が終われば
  152. 待ち望んでいた物
  153. 相手にならない
  154. 速さ、威力共に申し分ない
  155. 無茶はしないでくださいね
  156. 必殺技と言うに相応しい
  157. 面白いかは解らないが、役立つ
  158. 料理すると思って楽しめ
  159. 毒をミックス
  160. 全力の本気
  161. 納得してるなら
  162. 早く安心させよう
  163. 望む結果になって良かった
  164. 才能と努力と良い師匠
  165. 王都で再会
  166. 同じ感覚がする
  167. これでも前世よりは
  168. 懐かしい者
  169. 背中がチクチク
  170. 得意不得意
  171. 威厳を失わないように
  172. 芯に響くものが多い
  173. 経験による反応
  174. 疲れるだろ、そんな物を身に付けていたら
  175. そんな事をしてる暇があるなら
  176. 三角関係?
  177. 受かる、そう思っていても
  178. お前が調子に乗るなよ
  179. 合格祝い
  180. 本当にこうなるとは
  181. 相手の土俵で勝負を挑め
  182. 早速来た
  183. あいつは気にしない
  184. 実力でも、気持でも負けたくない
  185. 出てしまった笑みと言葉
  186. どんなイメージを浮かべるか
  187. パートナー専用部屋
  188. 手紙に書かれていたあの人
  189. 男としては盛り上がるイベント
  190. 授業前に
  191. ストレートに言い過ぎでは?
  192. 両親より上の
  193. 折角解けたのに
  194. 壁が無ければ
  195. 付き添いの先生
  196. 直感が確信に変わる
  197. 捉え方によっては
  198. 屈むな屈むな
  199. いずれは教師に
  200. 容赦無くエグい
  201. 嬉しい、けれども
  202. やっぱり意外だよな
  203. もうちょい慎重に考えろよ
  204. 勧誘
  205. 忘れてたーーー!!!
  206. 常識はあるはず
  207. 目の前に集中
  208. 誇れる自慢の弟
  209. 手札は多い
  210. ただの魔弾では無く……
  211. 肝心な事
  212. 嫉妬より戦意
  213. 想定内の動き
  214. 危機察知
  215. 強面では無いし
  216. もう一度ズタボロに
  217. 一つ覚えれば三つ解る
  218. 時間が掛かる作業
  219. 作品の説明
  220. 経験値が違う
  221. 見た目だけ、中身はまとも
  222. 意外な判断
  223. 選抜戦と褒美
  224. 権力ってやっぱり裏があって黒い
  225. 大会で会えたら
  226. 意外にあっさりと
  227. コスパが良い
  228. どちらの獲物なのか
  229. 大雑把過ぎる
  230. 与える感情
  231. 再戦
  232. 初見ならば難しい
  233. 心を乱す声
  234. 主人は立派なのに……
  235. 表はポーズだけ
  236. 幅が広すぎる
  237. プレゼン終了
  238. 最後の選抜戦
  239. 俺が仕留める
  240. 殺す覚悟があるなら、殺される覚悟はあるのか?
  241. 言い訳は後で聞く
  242. 判決はどのように?
  243. 主人組だけで
  244. 同じ執事からの誘い
  245. メリルも同じような
  246. 服の用意
  247. まずは褒めること
  248. 余裕を保たなければ
  249. 確かに珍しくはあるが
  250. 金で釣るのは良くない
  251. 誰を狙うのか
  252. 努力と意志は伝わってきた
  253. 見捨てる訳が無い
  254. 言葉は悪いかもしれないけど
  255. 商売道具をボキっと
  256. 間抜けさを見る限り
  257. 大会の二日前
  258. 条件付きで貰った
  259. ただ黙ってる訳が無い
  260. 完全に決まったカウンター
  261. 納得しない者もいるだろう
  262. 種族が違えばそれだけで
  263. そういう家系に仕えるからこそ
  264. マジでやりやがった
  265. 手心は加えない
  266. お久しぶりの副騎士団長
  267. 疑われるかもしれない
  268. 魔法はパートナーの腕前より上
  269. まさかの一回戦目
  270. 交戦の前に口戦
  271. 理解しがたいその力
  272. 学生にしては中々だが……
  273. 最後まで隠すもの
  274. 砕いて砕く
  275. 頭から抜けていた
  276. 大抵は跳ね返す
  277. 無事全員、突破!!
  278. 興味が無い……というのは嘘
  279. 自分の思いに従うべき
  280. 二回戦目開始
  281. 再確認させられる
  282. お互いに全てを見せていない
  283. 自信満々になるのは解かる
  284. その根性は認める
  285. 残るは決勝戦
  286. それは知っている。だから使わない
  287. お互いにギアを上げる
  288. それで、終わりでは無いよな
  289. 明日も問題無い
  290. 夜の来客
  291. 俺と他の差
  292. ダブルスではあるけど
  293. 話にならない
  294. 恨みを持つ者はいる
  295. 完封してくれて有難う
  296. 悔しさを燃やす相手
  297. 戦うのに必要な技術
  298. 鋭い刃物系イケメン
  299. 悪くない感覚
  300. 単体では最強の敵だった
  301. 興味が無い……訳では無い?
  302. 近況報告
  303. 要らない記録
  304. 最後の爆弾
  305. どう足掻いても無理な話
  306. ナチュラルに煽る
  307. 負けたくない理由はある
  308. 激情のトリガー
  309. 踏んではならない尾
  310. その泣き言が恨み言が、悲劇を呼ぶ
  311. 龍の尾を踏んだ結果
  312. やはり心配される
  313. たまには返す
  314. 何故タッグを組んだのか
  315. 偏るかも
  316. 宣伝になる
  317. 二つのオーダー
  318. 問答無用の攻撃
  319. メンバー集合
  320. ワケワカメな配置
  321. トラウマと殺生はNG
  322. まさかの相手
  323. 身勝手な嫉妬と我儘
  324. 同じ技で
  325. その感情を悪とは言えない
  326. 信じていたからこそ
  327. 実力は認めた
  328. 男は同性ではなく異性を……
  329. まさかの瞬殺劇
  330. 噂通りの後衛殺し
  331. 基準が違う
  332. その心境はいかに
  333. その火は、飢えは消えていない
  334. 捨てる訳にはいかない
  335. もはや後衛職ではない
  336. 弱くない、ただ相手が強過ぎだ
  337. やはり差はあった?
  338. 最終結果
  339. サボテン状態
  340. そっちからもお誘いが
  341. そっちからも
  342. その家だけじゃない
  343. 大量の手紙
  344. メイドからだけではなく
  345. 恋愛相談?
  346. まだチャンスはある……筈
  347. 優先したいが、諦めたくない
  348. 一か月の内容
  349. 熱さと冷静さ
  350. 久しぶりの再会
  351. 過去には何もない
  352. もしかしなくても?
  353. ゼロではないが
  354. 予想外の才能
  355. もっと頼るべき
  356. いざ対面
  357. 正直に話す
  358. ……やっぱり無理
  359. 重ねて重ねる
  360. 思っていたよりも凄い
  361. 最初で最後のチャンス
  362. お互いに手紙が止まらない
  363. その流れが怖い
  364. 流石に緊張する
  365. その言葉を聞いた瞬間……
  366. 誓約成立
  367. 向こうも持っていた明確な切り札
  368. それなりに持っている
  369. 今造れる最高の一品を
  370. 思いっきり使うのに慣れる
  371. お前だからこそ
  372. 恐れるシチュエーション
  373. 考え事をしていたら一瞬で……
  374. 正体を知っていた
  375. 理解しているハンター
  376. あと出来ることは……
  377. 強制参加
  378. 運命の決闘、開始
  379. 三つの技術を習得
  380. 精度と切り替え
  381. ミスればただの打撃
  382. 遠くまで寒気が
  383. 巡り巡ったチャンス
  384. 頭の片隅にある筈
  385. 聖なる裁きと怒りの蹴撃
  386. その言葉が鮮明に……
  387. もう、喋らなくて良い
  388. その結果に、口は出さない
  389. 悪い方向に流れれば
  390. それなりに可能性が高い
  391. 暴走してしまった恋心?
  392. 早まるな
  393. 辞めたいとは思わない
  394. 受け取った手紙
  395. どうやって潰そうか……
  396. ぶっ潰すことだけを考えていた
  397. 万が一を考えてしまう
  398. 最強の助っ人
  399. 一応念の為
  400. どうなっても知らない
  401. それって結局は
  402. そんなつもりはなかったが
  403. お久しぶりです
  404. それは勘弁してほしい
  405. 軽くやりましょう
  406. それは解っていた
  407. 弟を想う姉の思考
  408. 不慮の事故で済む?
  409. 俺たちを守るのが仕事
  410. 五人の近衛騎士
  411. 勿論用意出来るよな?
  412. 魔法使い殺し
  413. 内なる闘争心を感じた
  414. そこら辺のモンスターは瞬殺
  415. 休息という名の模擬戦時間
  416. レベルが違う野営料理
  417. 寝てる間に色々とあった……らしい
  418. 久しぶりに実戦で使用
  419. その噂は事実
  420. ようやく到着
  421. いよいよ突入
  422. ギリギリ伸ばさなかった
  423. 嫌いオーラ全開
  424. 正確には違うが、危機感は覚えた
  425. ぶっつけ本番で試す
  426. 仮に……もし起こったら
  427. 本当に失望する
  428. それなりに満足
  429. 宝物庫にはなかったので
  430. 出来上がるまで大人しく
  431. まともな連中かもしれない
  432. 王族は手を出さないが……
  433. もっと安く設定するつもり
  434. ここには俺たちしかいない
  435. ダブルスのあいつと同じぐらい
  436. 掻い潜って近づく者は必ずいる
  437. インパクトは劣るが
  438. 本当に良い暇つぶし
  439. 大金の使い道
  440. それだけは予想できたが……
  441. 結果が見えていたとしても
  442. 国宝並みの一品
  443. その音の正体は
  444. もう、ただの変態
  445. 可能性はあると口にはしても
  446. 歴代最速の速さで
  447. これ以上はもう止めて
  448. こう言えば……
  449. 面白そうな案ではあるが
  450. そうしなければならない
  451. 対処は考えている
  452. 俺だからこそ出来る
  453. それはそれで不満?
  454. その時は焦る
  455. いき過ぎた感情
  456. その女ではなく
  457. 必ず勝利を
  458. 実家に帰ればあの二人が
  459. 未だ知られていない
  460. できれば全員と仲良くしたい
  461. 上手く切り上げたが
  462. 小言では意味無い
  463. 善人か悪人か……
  464. 俺が、やる
  465. 女性に言っては駄目
  466. 持ち主面すんな
  467. 判断を誤れば掬われる
  468. 無様な姿
  469. 人質の意味無し
  470. 考えるのが面倒になった
  471. 体力回復
  472. 恥ずかしいらしい
  473. 信頼出来る者と一緒に
  474. 三人の今後と嫌われ令嬢
  475. 悲劇のヒロイン病
  476. 二人のタックル
  477. それでも諦める保証はない
  478. 怠っていなかった
  479. 兄貴の意地
  480. そういう家系?
  481. 皆元気過ぎる
  482. 休まる日はあったのか
  483. 悪いが趣味じゃない
  484. 成長速度はずば抜けているが
  485. 影響がゼロではない?
  486. 賢く全力で動く
  487. とっさの判断
  488. ハンターになる時点で無理
  489. 胃薬が、欲しい!
  490. それはまたの機会で
  491. スルー出来るように
  492. 緊張が解けない
  493. 全員が驚いていた
  494. がっつり私情
  495. 返事はしてくれる
  496. 費やした時間を感じる
  497. 顔に出さない
  498. あいつとは大違い
  499. ある程度日は経っていた
  500. 逃げたとしても
  501. 男に逃げられたその果てに……
  502. 決定事項
  503. 一投一殺
  504. 技量だけなら……上?
  505. 元の姿になって
  506. それはそれでムカつく
  507. アビリティなので
  508. 自分だけに意識を向けさせる
  509. いったい誰だろう?
  510. ……やっぱり採りたい
  511. 明日も付いてくるのか?
  512. それはそれで駄目
  513. ワンチャン血の海?
  514. 人を狂わせる
  515. 鉱山に着く前に
  516. その反応は嬉しい
  517. 褒めて褒め合う
  518. ちょっと多過ぎる
  519. 一人では無理でも……
  520. 聞いてない、見てない
  521. やらかしてないよな?
  522. そこは心配していない
  523. 無言の時間をなくそう
  524. 日頃の感謝を込めて
  525. 面倒事ではないよ?
  526. 感極まる?
  527. 可能性がゼロとは思わないが……
  528. 運が悪い……それだけだ
  529. 渡す気はサラサラない
  530. 独特な足音