コルシカの修復家

作者 さかな

難しい愛

  • ★★★ Excellent!!!

 完成させることが消滅することに繋がるというアンビバレントが、一筋縄でいかない作品のテーマ性を暗示しているのか。ものすごく込み入った、芸術に対する愛を表現しようと、作者は絵筆のように彩にみちた描写を丹念に記述していく。
 時々見受けられる、ハッと息をのむような美しい文章と、重層的な人物像と物語とのレイヤーが交差し、情感豊かな世界を描いている。
 しかし、作者の挑戦する題材の複雑さゆえに、細かな視点設定の荒さや、登場人物の欲求より、作者の都合が優先されていると感じられてしまうアクロバティックなプロット展開がたまに顔を覗かせるのが惜しい。ただ、そんなことを言えるのも、何物にも代えがたい突出した良さを持ってる作品だから言えることだけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

めがねびよりさんの他のおすすめレビュー 30