梅雨の月

作者 藍葉詩依

言葉の難しさをかみしめる青春の一ページ

  • ★★★ Excellent!!!

好きな人の言葉は、逐一自分の都合のいいようにとってしまって、後々恥ずかしくなってしまいがち。
そんな学校生活のほろ苦くも甘い記憶を呼び起こす、可愛らしい恋愛小説。

優しい登場人物たちが織り成す、砂糖菓子のようなお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

柊木紫織さんの他のおすすめレビュー 142