襲来日和

作者 げえる

ゆるふわ女子バディ

  • ★★★ Excellent!!!

ほっこりする。
ニマニマする。

この小説の主人公女子高生二人のやりとりを見ると、そんな感情を抱く。

危機的状況にあっても、ボケとツッコミを繰り返しながら、ユーモアある会話で立ち向かい、ときには(っていうか大半は)華麗にスルーし、気がつけば大団円。
この「冗談をかまして乗り切るカッコ良さ」は、往年の名作映画、ドラマのように、僕らの心に大安心と幸福さをもたらす。
ピンチでハラハラではなくて、どう乗り切るのだろうというワクワクで読み進められる。

女子二人の主人公なのに、女友達でもなく、シスターでもなく、バディもののような痛快さ。
とにかく読んでて、そして読み終わって気持ちいい。

二人の今後に幸多かれ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

高野ザンクさんの他のおすすめレビュー 17