亡国の黒騎士と呼ばれた男の旅路は闇の女王と共に

作者 宗岡 シキ

荒削りな面白さはある。

  • ★★ Very Good!!

設定や世界観、物語の流れは良く出来てると思う。キャラの差別化等も出来ているし変な動きをしてるキャラもいない。ただ描写が薄いかな。初めの生い立ちから婚約者との別離までの描写が駆け足すぎて薄っぺらく感じてしまう。主人公の性格の根本に関わる部分だからもっとみっちりやるべきかなと思う。後は世界設定の説明が少ないかな。序盤で主人公がなぜ女王の封印までたどり着いたのか、何故服従を拒めたのかとか。一般的な冒険者や軍人の戦闘能力が分からないから主人公がどれくらい強いのか分からない。だから成長してもどれぐらい成長したかなんとなくしか分からないかな。後は聖者達がどう特別なのか分からないかな。代々選ばれてるのか、特別な加護的な物があるかとか。例えば勇者が凄いのは歴代の勇者が成した栄光があるから新しく勇者になった者にも期待する。聖者はそこら辺が不明だからちょっと分かりづらい。とまぁ散々言ったけど面白い。特に最近のテンプレ量産型のファンタジーじゃないし、上手く物語の中に謎を残しながら進んでるから先が気になる。露骨に最強、チート、テンプレに飽きた人は見てみるといいと思う

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@minatokageakiさんの他のおすすめレビュー 10