ブレーキ

作者 サンダルウッド

113

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ぬるい。
作中にたびたび出てくる言葉である。この言葉の意味することをふと考える。
主人公の一人称によって進み、その語りはどこか彼女の独白のようでもある。不倫の是非など問うつもりはなく、おそらく見るべきはそこではない。
ざらつき、甘く、ぬるい。
大人というのはある意味でこういうものなのかもしれないし、こんな愛もあるのかもしれない。
音もなくブレーキは踏まれ、そして進んでいく。ぬるさに浸るかのように。
どこか繊細で、そして揺れ動く様を丁寧に描き、色すら漂う。そんな作品でありました。
ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

他の方々もレビューしている通り、大人な恋愛が描かれた文学短編です。
まず作品全体を通して違和感のない女性視点で書き切っている点が素晴らしく、繊細に揺れ動く人間関係や心情など、細部までかなり作り込まれているなと感じる描写がお見事でした。

題材としている『不倫』にはネガティブだったりドロドロしたイメージが強く付きまとっており、実際そういうものだと思っていますが、この作品においては爽やかで嫌悪感の少ないものとして表現している部分が、本当に素晴らしいと思いました。綺麗なものを綺麗なものとして、汚いものを汚いものとして表現するのは普通ですが、そこを逆転させつつ多くの読者に納得させているというのは、かなり高い実力の為せる業だと思います。
内容はもちろんのこと、それをここまで魅力的に表現できる作者さんの文章力こそ何よりもズバ抜けているのが特徴だと感じました。

不倫を肯定するとか是非については除外し、ひとつの短編小説として読めば非常に完成度の高い作品だと評価できます。
異世界小説やライトなファンタジーものだけでなく、こうした素敵な小説と出会えるのも、Web小説の魅力だと再認識できました。

★★★ Excellent!!!

読みやすく、また主人公の心情が音楽や登場人物によって揺れ動く描写にとても心惹かれました。

職場と家庭の中にある「ぬるさ」。恋愛と結婚の中にある「愛」。ここに特別な関係があるように思えました。

短いのに深く考えさせる文章に脱帽です。素敵な作品ありがとうございました!

★★ Very Good!!

ぬるい、頻繁に出てくるこの言葉

これが恐らく作者が書きたかった内容なのではないかと思わせます

大人の事情や大人の会話、大人と言っても子供から成長したただの人間

文章もセリフもとても読みやすい
しかしサクサク読めるにも関わらず、何故か続きが読みたくなる作品だと言えるでしょう

これからも応援してます(*^^*)

★★★ Excellent!!!

連れ添う相方に対する愛と、自分に素直になる恋愛感情が実にナチュラルに描かれた素敵な作品だと感じました。読んでみて素直に感じたこと、本作はこれより短くてもいけないし、ダラダラと長くてもいけない。そう、ちょうど程が良いのです。完結明瞭に書こうと思えばかけますし、もっと引き延ばそうと思えば幾らでもできるものを、丁度良い文字数で伏線や含みを持たせて終わらせているところが秀逸ですね!作品とは必要な情報を読者に与えてそれぞれの世界観の中で構築されるものであるが故に、読み手にとって様々な解釈があると思いますが、その遊びの部分をちゃんと作っていらっしゃるところが素晴らしいと感じました。心の動き・お酒の量・味の濃淡など、うっすらと比喩されている表現も秀逸でした。

この度は素晴らしい作品に出会わせて下さり、誠にありがとうございました。これからも応援していますので共に頑張りましょう✨

★★ Very Good!!

初め、自然で柔らかな文章に気持ちよくテンポを合わせて読んでいると、少しずつ少しずつ盛り上がっていきます。
少し遅れて色香の方も盛り上がっていき、終章へと向かいます。
文体の色気と内容のそれとが見事に絡み合い溶け合った秀作だと思いました。

皆さんの評価があまりに高いのにつられて読み始めました。
私とは方向性が違うなと感じつつも、心地よく術中にはまり、最後まで読まされてしまいました。読んでよかったと思う後味の良い作品でした。

★★★ Excellent!!!

短編でこれほどまでに余韻のある作品には、中々お目に掛かれないのではないでしょうか。固有名詞と見事な文章力が生み出すリアルさは、私含め読んだ人を、物語の世界に引き込んで離すことが無いでしょう。「不倫」をテーマにしているのに不快感は無く、却って大人の恋愛を美しく描いています。これはファンにならざるを得ませんね!

★★★ Excellent!!!

これは、「大人」が読む作品だ。
ここで言う「大人」とは、単に年齢が二十歳を越えているか、という事ではない。精神的に成熟している、酸いも甘いも経験した人間が読むべき物だろう。
不倫を題材にしているとか、やや難しい表現があるとか、そんな単純な理由でなく。様々な物事を経験した「大人」であれば、より、この物語の味わい深さを楽しむ事ができるだろう。
僅か1万文字以内の短編小説なのに、ぶ厚いハードカバーの新書を読み終えたような、深い満足感に浸れる作品。それが本作の魅力であろう。

★★★ Excellent!!!

素晴らしい作品でした。
登場人物の心情に現実味が感じられ、作中に登場する音楽や小説も良いアクセントになっています。設定や背景を読ませるテクニックが良いと思いました。
読了後に全てが繋がる「ブレーキ」の意味……出版している作家さんの短編集に入っていても、違和感がない程の完成度だと思います。

★★★ Excellent!!!

ああ……。最近俳優の不倫騒動を知ってから、不倫には悪いイメージしか湧かないのです。それなのに、この作品に出てくる不倫者たちは爽やかに一線を踏み越える。
文学と音楽が好きな青年は職場と人妻に恋し、思わず彼女と一線を踏み越えます。しかもその間の葛藤というものもない。
案外不倫というのはこういう些細なきっかけで始まるのかもしれません。
あっさり始まった不倫ですが、どう終わるのか。どんな結末を迎えるのか、楽しみでなりません。
続きを待っています。

★★★ Excellent!!!

主人公の機微に視点を絞った描写は、繊細でいて冗長なところがなく読者を引き込む力を感じます。
題材が題材ながらも、主人公に共感こそすれ嫌悪感を感じないのも見事な配慮の賜物かと思います。
カクヨムにも大人向けな作品がもっと増えていい、そう思いながら頁を捲りました。

★★★ Excellent!!!

夫の浮気に薄々気づいている主人公の”私”が、同僚の古瀬に魅かれる心理描写や、夫の秋悟に対する感情など、読み手によって違う受け取り方ができて、とても深みがある書き方をされていると思います。

特に古瀬のキャラクターは、私も含め、女性の読者にとっては、とても心魅かれるものがあるのではないでしょうか。
彼が職場の利用者が使う車椅子のブレーキのかけ方は優しく、雨の日に事務所でお菓子をやり取りする風景は、心を癒してくれます。

お洒落なお店と落ち着いた音楽。巧みな心理描写。
全体を通して、洗練された大人の雰囲気が味わえる短編小説です。