翼には心を乗せて

作者 マスケッター

もう一度、パリの空へ

  • ★★★ Excellent!!!

偉大なる冒険家と時の冒険家……彼らの夢の共演で、とても味わい深い作品です。

まぶたを閉じれば鮮明に思い出せるパリの灯り。
きっと、彼はもう一度、翼を広げて飛び立ったのでしょう。

誰にとっても人生とは冒険ですが、その終焉はこんな形も良いなと感じました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

コノハナサクヤさんの他のおすすめレビュー 640