ディストーション

作者 高坂 悠壱

静かに、重く――少女は天啓<メッセージ>に告げた。

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公は黒髪赤瞳の美少女・沙田撃鉄、17歳。
 もちろん、偽名である。

 <中立子>としての異能を活かし、何でも屋「沙田事務所」を営む彼女の元に、ある日、ひとりの少年が訪れる。
「──復讐、して欲しいんです」
 おとなしく、奇妙なほど世間知らずな依頼人・露口。
 露口の復讐対象である<魔女>、失踪した露口の姉、撃鉄を取り巻く一癖ありつつもあたたかな人々、そして、失われた日々のこと。

 一筋縄ではいかない不穏な依頼。
 結末は少年の望むものとなるのか、あるいは、より大きな流れをもたらす蝶の羽ばたきとなるのか──?

***

 ライトノベルは好きですか? 私は好きです。
 この作品を読むと、中学から高校にかけて読み漁った数多の物語を思い出します。
 外連味のある台詞回しや演出。新しい世界観やキャラクターに出会った時の楽しさ。双方があるからこそ、単なる懐かしさではなく、当時のワクワクやときめきを蘇らせてくれるのだと思います。
 フィクション的なハッタリをふんだんに盛り込みつつ、戻らない過去への寂寥感が血の通ったキャラクタ性を感じさせてくれる、魅力的な作品です。

 撃鉄ちゃんと露口くんが出会い、物語はまだまだ始まったばかり。
 鮮やかに体系化された世界観に、あなたも身を浸してみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

千鳥すいほさんの他のおすすめレビュー 162